オリーブオイルなどに含まれる不飽和脂肪を野菜と一緒に摂取
すると、血圧を下げるタイプの脂肪酸ができることを発見したという英大の研
究論文が19日、米学術誌「米科学アカデミー紀要(Proceedings of the
National Academy of Sciences、PNAS)」に発表された。

硝酸塩や亜硝酸塩を多く含むホウレンソウ、セロリ、ニンジンを、体に良い脂
肪を含むアボカドオイル、ナッツオイル、オリーブオイルと一緒に摂取するこ
とでニトロ脂肪酸が形成されるという。

英国心臓財団(British Heart Foundation)の助成を受けた英ロンドン大学キ
ングスカレッジ(King's College London)などのチームがマウスを用いて行
った研究によると、このニトロ脂肪酸が血圧を調節するエポキシド加水分解酵
素の働きを抑制し、血圧を下げる効果があることが分かったという。

出典【医療】オリーブオイルが血圧を下げる仕組みを解明、英米研究 [5/20]

次へ