1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

ネット通販市場規模のデータ

2011年度 日本の通販市場規模は5兆円突破

通販売上高は5兆900億円(前年同期比9.0%増)となった。

調査を開始した1982年以来、初めて5兆円を突破した。金額ベースでは前年比で約4200億円の増加となった。通販市場はネット通販の成長を追い風に、過去10年でおよそ2倍となった。

2010年度 日本のBtoC EC市場規模は、7.8兆円

平成22年度(2010年)の日本のBtoC EC市場規模は、7.8兆円(前年比16.3%増)となった。また、ECの浸透を示す指標であるEC化率も、約2.5%(前年比約0.4ポイント増)へと継続して上昇している。

アマゾン、ネット通販で日本最大 12年売上高7300億円

米アマゾン・ドット・コムの2012年12月期の日本における売上高が、前年同期比で78億ドル(直近の為替レートで7300億円)となり、日本でネット通販事業を展開する企業としては最大となることが判明

楽天市場 売上高は2858億円
楽天市場 流通総額は1兆3000億円程度

日本のネット通販企業では楽天が最大手で、仮想商店街「楽天市場」や旅行予約「楽天トラベル」などネットサービス分野の12年12月期の売上高は2858億円

2010年度 通販市場規模4兆6700億円

2010年 上位300社の合計売上高は4兆1774億

2010ネット販売(BtoCの物販) 上位300社の合計売上額は約1兆9400億円

通販新聞社が2012年7月に実施した「第58回通販・通教売上高ランキング調査」によると、上位300社の合計売上高は4兆8543億3600万円と なった。11年7月の同期調査と比較すると、市場規模は6・5%増。なお上位200社の合計売上高は4兆5777億円で、前年同期調査から6・3%増だっ た。

3.平成21年調査の結果概要
(1)事業者数と消費者向け電子商取引売上高の関係をみると、
① 事業者数の分布については、「消費者向け電子商取引売上高が3千万円未満の事業者」が事業者数全体の約8割を占めていることが分かりました 
② 売上高の分布については、 「消費者向け電子商取引売上高が10億円以上の事業者」が消費者向け電子商取引売上高全体の約8割を占めることが分かりました

電子商取引部門の年間売上高は 3 兆 1487 億円となった 
なお、事業所全体の年間売上高は 133 兆 4805 億円となっている。

① 年間売上高規模別
年間売上高規模別に事業者数をみると、1千万円未満が 1 万 7747 事業者(構成比
64.4%)、次いで、1千万円~3千万円未満が 4245 事業者(同 15.4%)、1億円~10
億円未満が 1992 事業者(同 7.2%)となっており、年間売上高3千万円未満の事業者が
全体の 79.8%を占めている

○事業者数
・産業別にみると、小売業が1万2832事業者(構成比46.6%)、以下、製造業、卸売業の順
で、この上位3産業で8割弱。
・年間売上高規模別にみると、3千万円未満の事業者が全体の約8割。

○従事者数
・事業者全体の従事者数は、8万4361人で、1事業者あたりの従事者数は約3人。
・産業別にみると、小売業が3万7610人(構成比44.6%)、以下、製造業、情報通信業の順。

○年間売上高
・年間売上高は、3兆1487億円で、産業別にみると、小売業が1兆2474億円(構成比39.6
%)、以下、運輸業・郵便業、情報通信業で、この上位3産業で7割強。
・年間売上高規模別にみると、10億円以上が2兆3482億円で8割弱。

○取扱品目
・カテゴリ別にみると、物品が1兆5139億円(構成比48.1%)、以下、サービスが1兆4341億円
(同45.5%)、デジタルコンテンツが2008億円(同6.4%)。
・取扱品目別(22品目)にみると、旅行が8945億円(構成比28.4%)で最も多く、以下、衣料
品・アクセサリー、家電品・PC及びPC関連製品の順。

○消費者からみた取引形態
・消費者が購入時に使用した端末形態の実態をみると、パソコンによる購入が1兆7964億円
で8割強。
・消費者の購入時の決済方法の実態を見ると、クレジットカードによる購入が1兆2976億円
(構成比44.3%)、以下、代金引換、銀行振込・郵便為替の順。

○消費者への販売方法の実態
・消費者向け電子商取引を行っている 2 万 7558 事業者のうち、消費者への販売方法が店
頭販売やカタログ販売は行わず、インターネット販売のみ事業者数は 6540。

○電子モールへの出店の実態
・電子モールに出店して販売のみ行っている事業者は4割、自社ホームページのみによる
販売を行っている事業者が3割強。

回収状況
回収率は以下のとおり。
調 査 対 象 事 業 者 数:56,199
調 査 票 回 収 数:30,812
回 収 率:55%
集 計 事 業 者 数:27,558
有 効 回 答 率:49%

2009年 BtoC 市場規模は6.7兆円

1 2





このまとめへのコメント1

  • sota_kitamuraさん|2013.06.21

    特にamazonの成長は目を見張るものがありますね。

1