1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

結婚式準備で惨劇か、中国新疆ウイグル自治区の14人射殺 6人が女性 2013.12.20 11:56 米政府系放送局ラジオ自由アジアは20日までに、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル地区 コナシャハル県で当局が住民14人を射殺した事件は、来月に控えた結婚式の打ち合わせを していたウイグル族の民家で起こったとの住民の話を伝えた。 中国当局は射殺されたのは「暴力テロ集団」としているが、亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」 のラビア・カーディル主席は「治安当局が無差別発砲した」と批判している。 ラジオ自由アジアによると、別の事件の捜査で民家に入った警官が、ウイグル族の女性が着用 していたスカーフをまくった。これに女性の親族が反発して警官を襲ったため、射殺事件が 起こった。射殺された14人のうち6人は女性という。 自治区ではイスラム教徒の女性にスカーフ着用を禁じるなどの民族抑圧策が行われている。

ニューヨーク大学が唐突に退去を求める

 陳光誠氏が中国でいかに弾圧されたかについては、本コラムでも報告した(2012年5月9日、「『米中G2時代』は幻と教えてくれた『陳光誠事件』」)。

 陳光誠氏は中国の山東省の一地方に住み、独学で法律を学び、たった1人で弁護士に近い法的な人権活動を開始した。中国政府の1人っ子政策から生じる女性の堕胎の強制に強く反対し、中国当局から弾圧され、懲役4年3カ月の刑を言い渡された。刑期を終えた後も自宅での軟禁処分を受けたが、弾圧はなお激しくなり、本人が北京の米国大使館に助けを求めたことなどから、米中両国間の問題となった。

1 2 3