1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

WHO=世界保健機関は2日、大気汚染の世界的な拡大による肺がんや呼吸器の疾患などで年間およそ700万人が死亡しているとする調査結果を発表しました。

 WHOが世界4300以上の都市で行った調査によりますと、大気汚染物質「PM2.5」などによる世界的な大気汚染の拡大が原因で、年間およそ700万人が肺がんや呼吸器の疾患などで死亡しているということです。中でも、アジアやアフリカの中・低所得国における大気汚染が深刻化していて、汚染による死者の9割以上を占めています。また、世界のおよそ9割の人たちが大気汚染下での生活を強いられ、健康被害のリスクが高まっていると指摘しています。

 WHOのテドロス事務局長は「世界の持続的な成長のためには早期の対策が必要だ」と述べ、各国に大気汚染対策への協力を呼びかけています。

大気汚染が深刻化している中国河南省の省都鄭州で、山の新鮮な空気を配るキャンペーンが実施され、住民が長い行列を作った。

メディア各社には、顔に酸素マスクを当ててビニール袋に入った空気を吸う人たちの写真が出回った。親や祖父母が子どもたちの顔に酸素マスクを当てる姿も見られた。

鄭州は中国の中でも特に大気汚染が深刻で、大気汚染の程度を示す大気質指数(AQI)は直近の数字で「不健康レベル」の157。これに比べて北京は「中程度」の55にとどまっている。北京の指数は1月の時点では同指数圏外の755に跳ね上がっていた。

山の空気の配布は観光の宣伝と大気汚染問題についての啓発を兼ねて民間企業が企画。同省にある老君山で3月下旬に2000缶分の空気を集め、複数カ所で配布した。

PM2.5と健康被害「そもそも人間は輪廻で生まれ変わるので、多少寿命が短くなっても問題ない」

インド科学技術庁のラマサミ次官は、「PM2.5と健康被害の因果関係が立証されていない」と反論。
「そもそも人間は輪廻(りんね)で生まれ変わるので、多少寿命が短くなっても問題ない」

室内にいても死亡…大気汚染で毎年100万人、広い地域で深刻視界不良で死亡事故も 大気汚染北京市の

中国の代表的な政治家やスペインの作家の彫像に大気汚染対策を訴えるマスクが装着された画像がアップされたり、中国のマイクロブログ「新浪微博(Sina Weibo)」に「これは沈黙の抵抗だ!」とのコメントが投稿されたりするなど、大きな反響を呼んでいる。

室内にいても死亡…大気汚染で毎年100万人=中国 【社会ニュース】 2013/12/19(木) 10:31 呼吸器疾病の専門家で中国工程院院士の鐘南山氏は18日に広東省広州市で行われた フォーラムで、「毎年少なくとも100万人が、室内の空気に含まれている汚染物質を吸 引したことが原因で死亡している」と述べた。鐘氏は新型インフルエンザの死者数で 「わが国の発表は信じられない」と述べ、当局による死者数ごまかしの“手口”も暴 したことがある。歯に衣を着せない発言で、人々の信頼も厚い。 広東省広州市で18日「子どもの健康な成長に愛情を、学校の環境汚染に関心を」 と題するフォーラムが開催された。基調講演を行った鐘氏は沈痛な表情で、「肺炎で 死亡する5歳以下の児童の約半数は、室内の空気に含まれるる顆粒状汚染物質が原因 だった」、「毎年少なくとも100万人が、室内の空気に含まれている汚染物質を吸引 したことが原因で死亡している」と述べた。 全国的に発生しているスモッグについては「空気1立方メートルに含まれるPM 2.5が10マイクログラム増えるごとに、

北京市の肺がん患者が増加しており、2002年の10万人当たり39・56人が、11年には 同63・09人になった。新華社電が9日までに、北京市衛生当局が明らかにしたと伝えた。 専門家は原因として、喫煙と受動喫煙のほか、大気汚染を挙げた。微小粒子状物質「PM2・5」 の増加などにより、北京市では過去10年に肺がん発生率が60%上昇したとの報告がある。また、 中国の喫煙者は約3億人で、約7億4000万人が受動喫煙の被害を受けているという。 衛生当局によると、11年に北京では約8000人の新たな肺がん患者が報告された。年齢とともに 罹患するケースは上昇し、専門家は呼吸器系疾患を抱える人は肺がんにかかりやすいと指摘した。

京の大気汚染が深刻さを増しています。街は一面、真っ白なスモッグに覆われ、「PM2.5」の濃度も日本の環境基準の10倍以上に達しました。 2日、北京市内は、街全体が濃いスモッグに覆われました。発がん性が指摘されている大気中のPM2.5の濃度は午後、1立方メートル ..

呼吸している空気自体が、発がん物質で汚染され続けている」と述べ、今や屋外大気汚染は全般的な健康への主要リスクのみならず、がん死亡の環境的な要因となっていることが分かったと明らかにした。

 IARCの報告によると、一流専門家チームは、大気汚染にさらされることが肺がんの原因となり、膀胱がんリスクも高まるという「十分な証拠」を得たという。

 大気汚染の組成や、大気汚染に人がさらされる程度は地域によって大きく異なるが、IARCが導いた結論は地球上のすべての地域に当てはまるという。

 大気汚染が呼吸器や心臓疾患リスクを高めることは、既に知られている。

 IARCによると、近年、急速な産業発展を遂げる多人口国家を中心に大気汚染への露出が著しく増加している地域がみられるという。

北京市で28日、有害物質を含んだ濃霧が発生した。国営中央テレビによると、市内の一部地域では6段階の大気汚染指数のうち最悪の「深刻な汚染」を記録。当局はなるべく屋内に待機し、外出を控えるよう呼び掛けた。

 北京市は2020年までに大気汚染を大幅に改善する目標を掲げ、対策を強化する姿勢をアピールしているが、深刻な状況は続いている。

 市中心部では数百メートル先のビルが白色にかすんだ。各地で微小粒子状物質「PM2・5」が大気1立方メートル当たり300マイクログラム(マイクロは100万分の1)を超える値を観測、日本の環境基準の8倍以上となった。

「濃霧は環境保護業界にとって利益をもたらす情報であるが、中国全体の交通システムに深刻な打撃を与え、物流業界の輸送効率の低下を招く。小売業の貨物供給能力が課題に直面し、各業界の経済効果に与える負の影響が相次いで表面化するだろう」と警鐘を鳴らした。

出典http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=69936&type=0

1 2 3