1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

両党の間で将来的に消費税を廃止するための道筋を検討することや、安倍政権のもとでの憲法9条の改憲を阻止することを確認しました。

会談のあと、志位氏は「ほかの野党にも同じ問題意識を持っている人が多いので、立憲民主党などにも協力してほしい」と述べました。

山本氏は「野党側が手を組んで、政権交代を一刻も早く実現したい」と述べました。

山本太郎に投票する✌️ 神演説!日本を破壊し売国してきた自民党!覚悟しとけ!全員落選させたるわ―山本太郎「れいわ新選組」代表@赤羽駅2019 07 07 youtu.be/oKcZXx0mMu0 @YouTubeさんから

あなたはもう、彼らの心の慟哭を目撃したか? 国は人々がより安心して暮らすための器に過ぎない。 一人一人が声を上げていく。その後ろ姿をそっと押して応援する、それがれいわ新選組。 山本太郎 涙する 20190505 福岡・小倉駅 youtu.be/V6jbn9Ye670 #あなたを幸せにしたいんだ

人間の尊厳を破壊する低賃金・過酷労働・貧困を強いる現政権にメガトンパンチを!三井よしふみ「れいわ新選組」候補2019 07 07 youtu.be/ZMArxdbJ9u8 @YouTubeより

山本太郎‼️れいわ新選組‼️ 何か 大きな うねり が 起こり始めているのを感じます❣️❣️ twitter.com/ms_06_r50/stat…

お!スゲー! 寄付が集まって街頭コマーシャルが始まったぞ!アンチも救う「れいわ新新選組!」 政治てこうじゃねぇ? twitter.com/yamamototaro0/…

山本太郎とれいわ新選組は今間違いなく急上昇株だから、野党に発破をかける程度ならともかく、批判めいたことなど言わなくとも自然に支持層を広げられる。他方で、とくに立憲を支持する側は、山本太郎らに批判されれば頭にくるのも無理はないが、いちいち苦言を呈していたら器が小さく見られるだけだ。

日本人は異常なんです。異常だから、自分が異常なのがわからない、それが日本人。供託金を300万・600万円も立候補時に要求すると、政党を問わず有能な人が国会に出てこれません。逆に、変な人ばかりが出てくるのがわが国の国会です。最近、国会が芸能界のようになってきている。

出典
https://blogs.yahoo.co.jp/hanashi_ai/22509388.html?vitality

お気に入り詳細を見る 修正| 削除
日本は600万円、

 アメリカ、フランス、ドイツ、イタリアはゼロ

出典
世界一高い日本の供託金の見直しを! 日本は600万円、アメリカ、フランス、ドイ

衆議院議員選挙区で立候補するための供託金は

300万円、比例区は600万円、

 選挙区、比例区の両方に立候補するには900万円が

必要です。

2019年度の政党助成金…国民一人当たり250円の税負担の下に…総額317億7368万円の分配先が決まった。

  自民党・・・・・178億9491万円、
  国民民主党・・・54億⑹21万円、
  立憲民主党・・・32億3011万円、
  公明党・・・・・・・30億548万円、
  維新の会・・・13億5762万円、
  社民党・・・・・3億8417万円、
  自由党・・・・・・2億7552万円、
  希望の党・・・2億1963万円、

今どきの政治家には鼻であしらわされそうな政治献金について触れるのは馬鹿らしいこととは思うのだが、国民をあまりにも舐めていると思われるので、やはり記しておきたい。

元々、政党助成法は、政治を歪めかねない企業・労働組合・団体などからの政治献金の禁止・制限をカバーするものとして1994年に「政党助成法」などの法律が成立し導入されたものだが、既に4半世紀が過ぎると言うのに政治金の禁止は何一つ進む気配はない。

それどころか、経団連などは、堂々と自分たちの利益になる政策と献金先きを連動させての評価を世間・国民に流している始末である。

山本太郎氏が率いる「れいわ新選組」の進撃が止まらない。7月2日午後7時から新宿駅西口で行った街頭演説会には約1000名が集まった。山本氏は同場所で6月19日にも演説会を開いたが、それよりも確実に聴衆の数は増えている。

 自民党は同日、同じ場所で街宣を行った。参議院選に東京都選挙区から出馬予定の丸川珠代元環境大臣と比例区から出馬予定の丸山和也氏の他、非改選の中川雅治元環境大臣や青山繁晴氏、朝日健太郎氏が参加。G20で大役を終えたばかりの世耕弘成経産大臣や党女性局長の三原じゅん子氏も応援に駆け、豪華な面々が顔を揃えた。

 ところが集まった人たちはせいぜい150名。山本氏の演説会にはるかに及ばない。そればかりではない。空気が違うのだ。

 実際のところ、自民党の街宣に集まった人たちは、必ずしも穏やかな聴衆とは限らなかった。彼らには標的があった。三原じゅん子氏だ。

本日いちばんのびっくりニュース。ここまでくればもう山本太郎が単なる色物だともタレント議員だとも言えまい。豪腕のトリックスターかも知れないが。しかしこの選挙戦の参謀は誰なんだろう……。 / “れいわ、参院選に創価学会員を擁立 玉城知事の支援者:朝日新聞デジタル” htn.to/3gSHLfSYdA

参議院選が始まる。気になるのは2点、社民党の存亡と山本太郎氏。社民党を政党として存在させることの意義はあると思う。 山本太郎氏は選挙区でなく比例だそうだ、選挙区1・比例1の現実的結果が崩れ、悪くすれば議席0の可能性も。理解に苦しむ。

@mainichi 何故?軽度ではなく重度の身体障がい者の方々を? 選挙活動時に山本太郎氏が、本気の応援演説であればあるほど、票集めの材料に使ってるんじゃないかなぁー?って思えてしまう。 今後を冷静に注視したい。

3年前の2016参院選が『生活の党と山本太郎となかまたち』の党名で比例票106万票だから今回のれいわは良くても何とか100万票届くかどうか程度だろw そうすると山本太郎だけなんとか当選できるって算段だわな 選挙区落選怖くて比例に逃げるという卑しいプランだわな #山本太郎 もw

【参院選】山本太郎、決死の特攻出馬 自らの議席と引き換えに虐げられた者の解放目指す tanakaryusaku.jp/2019/07/000204…

北海道でもれいわ新選組の山本太郎を応援する人が沢山います! 多くの市民の方々が、関心を持ってくれていると思っています^ - ^ #れいわ新選組 #参議院選挙 #北海道 #山本太郎 twitter.com/adbzm7suxds1ol…

下関の市長選挙に伴い火炎瓶を投げ込まれた事件について質問、 暴力団に選挙妨害を依頼した安倍晋三。 〜〜〜 【ケチって火炎瓶】山本太郎議員vs安倍総理 2018年7月17日 参議院 内閣委員会 youtube.com/watch?v=xdY3N8…

山本太郎氏は、「イスラエルと日本は似ている。ともに同盟国(米国)頼みで、周辺国との関係も悪い。
日本は武器輸出解禁で、ますますイスラエル化する。イスラエルがガザでやっていることは、戦争ではない。
屈指の軍事力を持つ国が一カ所に集めた人に対して行う『大量殺戮』だ。絶対に許せない。ガザの叫びに応えて
抗議の声を上げていこう」と訴えました。

「事故後、鼻血の症状が現れたのは事実。国会でも当時は野党だった森雅子さん(現消費者相=49)、山谷えり子さん(63)らが鼻血に触れている。まさか心ある自民党の議員さんたちが国会内でデマをふりまいたわけではないですよね?」と皮肉交じりに指摘。確かに安倍首相にいわせれば森氏は「根拠なき風評」をばらまいた一人となるのだが…。

 さらに山本氏は美味しんぼ内で鼻血が出たと証言した井戸川克隆前福島県双葉町長(67)の参考人招致を提案したが、自公の反対で実現できなかったことも明かした。美味しんぼは騒動で各所からの批判を受け、小学館編集部は弱腰姿勢に転じたが、国会初質問時から被ばく問題を追及している山本氏は全く動じない。

 委員会後、山本氏は「僕が取り組んでいる基本は、この問題。今回は美味しんぼで盛り上がったが、騒動が引いた時もコンスタントにこの球を投げ続け、有効な回答を引き出していくしかない。今度は森大臣に直接ぶつけて、過去の発言との整合性を問いたい。少なくとも任期中はこの問題を続けさせてもらう」と断言した。

鹿児島市で開かれた反原発集会であいさつし、 徳田毅氏の議員辞職に伴う衆院鹿児島2区補欠選挙(4月27日投開票)に候補者を擁立したいとの考えを明らかにした。 その後記者団に、原発再稼働や消費税増税に反対する候補者を公募で選びたいと説明した。 補選には、自民党の金子万寿夫元県会議長(67)が立候補するほか、 無所属の打越明司元衆院議員(55)を民主党など野党5党が支援する方針。 共産党は三島照・党奄美地区副委員長(72)が出馬、政治団体「幸福実現党」も独自候補を擁立する方向だ。

参議院選挙で66万票を獲得して当選した山本太郎議員が、都知事選を戦った細川護煕氏に対してコメントをしました。山本太郎氏は東スポなどの雑誌に「細川さんはワイドショー選挙をできると思って、メディアを信じていたようだが、それは大きな間違いだ」と述べ、細川氏の選挙戦略が甘かったことを指摘。また、同時に「細川さんは魑魅魍魎(ちみもうりょう)だらけの政界の怖さを知っているのに、反旗を翻したファイティングスピリットは感動した」とも話しており、同じ脱原発派としてエールを送りました。

殿は甘すぎましたゾ――。猪瀬前知事の辞職に伴う東京都知事選挙は9日に投開票が行われ、無所属の新人で自民党東京都連と公明党東京都本部が推薦する元厚労相の舛添要一氏(65)が、圧勝で当選を果たした。強力ライバルになるはずの細川護熙氏(76)は小泉純一郎氏(72)と元首相タッグを組んだにもかかわらず、前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)に後れを取り、3位と大惨敗。「脱原発」で先の参院選を戦った山本太郎参院議員(39)から、なんと“甘さ”を指摘されてしまった。

山本太郎参院議員(無所属)が24日の参院本会議で、タートルネックにラフなスパッツ姿で臨んでいたことが「品位に欠ける」として29日の参院議運理事会(岩城光英委員長)で問題視されていたことが、複数の国会関係者への取材で分かった。山本氏は昨年秋の園遊会で天皇陛下に直接手紙を渡し、山崎正昭議長が厳重に注意したが、再び「品位」が問われる事態となった。

 関係者によると、山本氏は今国会が開会した24日の本会議でジャケットを羽織っていたが、登山用に近い靴で歩いていたため、自民党の石井準一議運理事が「国会では品位を重んじるべきだ」と注意した。山本氏は「国会議員としての認識が足りず、気を付けていませんでした」と、その場で頭を下げたという。

1 2 3 4 5 6 7





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1