1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

世界のインターネットの平均接続速度は3.9Mbpsで、最も高いのは韓国の23.6Mbps、
2位は日本の14.6Mbpsだった──。米Akamai Technologiesが6月29日(現地時間)、
四半期ごとに発表している「インターネットの現状」の2014年第1四半期(1~3月)版をリリース(リンク先はPDF)した。

 Akamaiは4Mbps以上のネットワークを「ブロードバンド」と定義しており、
来期には世界の平均接続速度がブロードバンドになると予測する。

 韓国の高速化は前年同期比で145%向上、日本は29%だった。
韓国は上位10カ国で前年より最も大幅に高速化した。韓国に次ぐのはアイルランド(47%)、次はフィンランド(37%)で日本はその次だった。
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1406/30/yu_akamai1.jpg平均接続速度トップ10


 世界における高速ブロードバンド(10Mbps以上)の採用率は前年同期比で65%上昇し、
21%に達した。採用率が最も高いのはやはり韓国で146%上昇の77%、
2位は32%上昇した日本で54%だった。米国のブロードバンド採用率はまだ36%で世界で7位
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1406/30/yu_akamai2.jpg ブロードバンド採用率トップ10

今回のリポートでは、「4K(フルハイビジョンの4倍の画質)準備状況」についての調査結果も記載されている。
4K放送が視聴可能なのは15Mbps以上とし、その採用率を調査した。世界全体では前年比99%(約2倍)の11%で、
1位はこれも韓国で272%上昇の60%、2位は52%上昇の日本で32%だった。
http://image.itmedia.co.jp/news/articles/1406/30/yu_akamai3.jpg4K対応率トップ10

1