1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

この記事は私がまとめました

elmoelmoさん

最近の記事を見る

最近の事例を見る

調査レポートと概況

Eコマース市場においても位置情報を利用したリアルビジネス連携(O2O:Online to Offline)が活発化しており、今後の位置情報ビジネスの鍵を握ってくるだろう。

ではなぜ、実店舗のビジネスをEコマースに取り込むことが重要なのでしょうか。
経済産業省が発表している電子商取引に関する調査報告では、2010年のEC化率(全商取引を分母としてEコマースで取引された割合)は2.46%にすぎません。つまり残りの97.5%は実店舗でのビジネスで取引されているわけです。Eコマースを拡大するにあたり、パイの大きな部分に手を付けていかざるをえないでしょう。

eコマースは、2011年における垂直型のパーソナル化(vertical personalization)にとって基盤となったが、2012年は、eコマース以外のその他の分野で、より大規模な垂直型産業への拡大が起こる。これについては既に起こっている。

これまで、ネット通販とリアル店舗では、ネットの方が安いという考えが一般化していた。だが実際にはそんなことはない。そもそもリアル店舗では、ネットよりも激しい価格競争を繰り広げているのだから、リアル店舗のほうが安く、価格競争力が高いこともある。それを消費者に分かってもらいたかった」。

- Stand-alone mobile location-based services of today
- Local business search
- Integrating location more deeply into services & functions
- Locations in core cellphone functions (contacts, calendar, …)
- Integrating navigation with social networking, local search & more
- Location-based tasks and reminders
- Location based media selection
- Location-based phone personalization
- User location logging: Building location databases
- User location tracking: Learning user profiles
- Generating traffic reports from phone locations and movement
- Indoor navigation and positioning

スマートデバイスが持つ精密な位置情報把握機能を活かして、店舗内での場所に応じた商品紹介や、店舗内誘導、導線解析などを行うことも可能になりつつあります。
企業は、これまでのように企業から生活者に対して、単に一方通行で情報を配信するだけでなく、スマートデバイスが持つセンサー機能を活かして生活者の置かれた状況等を把握し、最適なフィードバックを行う“センス&レスポンス”が実現できるようになります。

00:なう

1 2 3 4 5 6 7