1. まとめトップ

【将棋から作家へ】橋本長道(27)無職 元神戸大学生 小野中学で中学生将棋王将戦全国優勝

小説作家への登竜門「第24回小説すばる新人賞」(集英社主催)に、小野市下大部町の橋本長道さん(27)の「サラの柔らかな香車」が選ばれた。橋本長道(はしもと ちょうどう)'84年兵庫県生まれ。神戸大学経済学部卒業。元奨励会1級。「サラの柔らかな香車」で第24回小説すばる新人賞を受賞。

更新日: 2013年04月09日

4 お気に入り 13722 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

小学生のころから将棋のプロを目指し、挫折を経験した橋本さんだが、女流棋士の姿を描いた作品で、来年2月に作家デビューを果たす。

プロ棋士の夢が破れた男と、金髪碧眼の不思議な美少女が出会う。彼女に将棋を教えるといつしか奇跡的な才能が開花する…。「天才とは何か?」厳しくも豊かな勝負の世界を生き生きと描き出す快作。第24回小説すばる新人賞受賞作。

すばる新人賞発表:残念ながら私は外れました。あんなに命を掛けて挑んだものなのに涙や悔しさは全く無いです。やっと結果が見れて落ち着きました。審査していただいた方、有難うございました。そして見事入賞した橋本長道さん、おめでとうございます!!ブログにも詳しく書きます。 #すばる新人賞

【アスキー】電撃小説大賞Part334【メディアワークス】

・「Story War -純粋物語批判-」 橋本長道
これは間違いなくカントが現代物語論の哲学者たちを殴り倒していく怪作

ライトノベル新人賞投稿カタログ 第18回電撃大賞第三次選考通過作品

・「Story War -純粋物語批判-」 橋本長道

中学生将棋王将戦優勝者 1999 – 橋本長道(兵庫・小野市立小野中3年)

小説すばる新人賞

第24回小説すばる新人賞(集英社主催)に、橋本長道さんの「サラの柔らかな香車」が選ばれた。

橋本さんは兵庫県出身の27歳。将棋のプロ棋士を目指して奨励会に一時在籍後、退会。神戸大経済学部を卒業した。現在は無職。受賞作では女流プロの姿を描いた。抄録が『小説すばる』12月号(11月17日発売予定)に掲載される


盤上の世界にはドラマが有る!

(元奨励会員---奨励会に入るだけでも非凡、  流石に多才)

橋本長道さんの『サラの柔らかな香車』は女流プロを題材にされているようです。井上九段門下でしたね、橋本さん^^

サラの柔らかな香車 あらすじ

プロ棋士になる夢を諦めた瀬尾は、自宅の団地で出会った金髪碧眼の美少女サラに将棋を教え、サラも徐々に才能を開花させていく。

意味不明な単語をつぶやき、他人になかなか理解されないながらも才能のあるサラ、奨励会で同期の瀬尾と共にプロ棋士を目指しながらも現在は女流プロ棋士となった萩原塔子、かつて「天才少女」と注目されながらも小学生名人戦でサラに敗北し女流棋士となる夢を諦めた北森七海、3人の女性と少女を中心に「天才」とは何かを問う。

物語は、「才能」という言葉の前にプロ棋士への道を諦めた将棋ライター・橋元が連載する「女神達の肖像」という読み物と、塔子とサラの白熱する対戦の様子が交互に描かれる。

書評

1