1. まとめトップ

利根川進(72)の息子、利根川智(18)米MITの寮で死亡 妻は元NHK、吉成真由美(58)3児の母

利根川 進(とねがわ すすむ、1939年9月5日 - )は、日本の生物学者。1987年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。現在、マサチューセッツ工科大学教授(生物学科、脳・認知科学科)を勤める 妻はサイエンス・ライターの吉成真由美。

更新日: 2013年07月13日

3 お気に入り 229988 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

ノーベル賞、利根川進(72)の再婚相手、元NHKディレクターの吉成真由美(58)の息子、利根川智(18)が死去 米マサチューセッツ工科大学の寮自室にて

利根川進教授の15歳の息子、MIT寮で死亡

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)は26日、ノーベル医学・生理学賞を
受賞した利根川進MIT教授(72)の息子で、MIT1年生の利根川智さん
(15)がキャンパス敷地内の寮の自室で死亡しているのが見つかったと
発表した。

 地元警察は「事件性はない」とし、死因などを調べている。MIT大学新聞
によると、智さんは1週間ほど姿が見えず、部屋周辺で異臭がしたため、
大学警察が25日の午後5時ごろ部屋に入って遺体を見つけた。ピアノが
得意で、入賞歴もあるという。今秋MITに入学したばかりだった。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111027-OYT1T00620.htm

1987年:免疫グロブリンの特異な遺伝子構造を解明した功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞。

受賞理由:多様な抗体を生成する遺伝的原理の解明

2006年:MIT内の他研究所の教官公募に際して、研究内容が競合しているという理由により、女性研究者に辞退を迫るメールを出したことが問題視され告発された。

吉成真由美 サイエンスライター。元NHKディレクター 著書は「IQについて」「子供をキレさせない処方箋」など脳をテーマにしいた

再婚相手の妻、元NHKテレビ・ディレクターの吉成真由美は「研究者としては緻密でミスはしないかもしれないが、家庭人としては忘れっぽく、失敗ばかり。子ぼんのうで、心のやさしい人」と語っている。

サイエンスライター。夫はノーベル賞受賞者の利根川進。

マサチューセッツ工科大学(MIT)卒業(脳および認知科学学部)。ハーバード大学大学院修士課程修了(心理学部脳科学専攻)。

元NHKディレクターであり、子ども番組、教育番組、NHK特集などを担当、コンピュータ・グラフィックスの研究開発にも携わる。現在ボストン在住。

吉成真由美 ヨシナリ・マユミ 1953年生まれ。

マサチューセッツ工科大学(M.I.T.)卒業(脳および認知科学学部)。
ハーバード大学大学院修士課程修了(心理学部脳科学専攻)。元NHKディレクター(子供番組、教育番組、NHK特集などを担当。コンピュータ・グラフィックスの研究開発にも携わる)。
現在ボストン在住。著書に『カラフル・ライフ―遅咲きのすすめ』『サイエンスとアートの間に』『やわらかな脳のつくり方』などがある。

■やわらかな脳のつくり方■

吉成真由美著 新潮社

 著者は利根川進博士の夫人。元NHKディレクターであり、3児の母でもあります。

今、ハーバード大の博士課程で脳科学を専攻していらっしゃるとか。
 わかりやすい話題を通して、脳科学を解説している本です。
特に、3児の母として子供の成長・教育に関わる話題が多いです。
お子さんがいらっしゃる方は特に興味深く読めるのではないでしょうか。
「IQについて」「子供をキレさせない処方箋」などなど。

吉成 真由美
サイエンスライター。1953年生まれ。マサチューセッツ工科大学(M.I.T.)卒業(脳および認知科学学部)。ハーバード大学大学院修士課程修了(心理学部脳科学専攻)。元NHKディレクター(子供番組、教育番組、NHK特集などを担当。コンピュータ・グラフィックスの研究開発にも携わる)。現在ボストン在住

1 大脳辺縁系(リンビツク・システム)の話(大脳辺縁系の逆襲
黒沢と大脳辺縁系 ほか)
2 知能について(知能計測を考え出した男
知能テストが開発された理由 ほか)
3 男と女(パワーゲームこそ男の命
フィーリングこそ女の命 ほか)
4 教育への新しい視点(脳科学から見た神戸少年殺人事件
映像の暴力とダイアナ元妃の死 ほか)
5 記憶の話(赤ん坊の頃の記憶はなぜなくなるのか?
驚異的な記憶力 ほか)

吉成真由美という人は、あのノーベル賞学者利根川教授の奥さん。この人、NHK出身なのだが退職してMITに行き、脳の勉強をし、子供もいる。この人の本は「カラフルライフ」といい、読むと元気が出る。

1 孤独脳(“己の欲っするところに従って―”
結婚再考
駿才の孤独と悲しみ ほか)
2 ストレス脳(ストレスによる脳細胞の自殺
e‐生活の陥穽
17歳、狂気の正体 ほか)
3 シェイクスピア脳(狂っているのかいないのか、それが問題だ
うわべの美しさに騙されて…
嫉妬の毒に冒されて… ほか)

トレンドの「利根川進」ってカイジに出たあのキャラだと思っていたら、案の定違った。

利根川進は悪い男だよ… 苦労をかけた奥さんを捨ててアナウンサー?だかと再婚したんだ

あれ、利根川教授の息子さんって、18なの?15なの?ニュースに両方あるんだけど…

舛添要一さんって吉成真由美さんと結婚して、当時「当代一の知性派夫婦」とかいわれていたような記憶があったけど、調べてみたら吉成真由美さんと結婚したのは利根川進さんでした。 ...

ノーベル賞の利根川博士の子供が亡くなった、自殺らしい。しかし、57歳の時の子供か・・・。

ノーベル賞受賞者の利根川進博士だったか江崎玲於奈博士だったか(確かどっちかだったと思います)はノーベル賞獲った後に奥さんと別れて若い女性と再婚しました。

1 2