1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

海外自動車メーカーの独占禁止法違反の調査が進められ、多くの企業が巻き込まれている。中国国家発展改革委員会(発改委)は6日、日本12社の自動車部品および軸受の価格の不当なつり上げに関する調査を完了し、法に基づき処罰する予定と発表した。

発改委は今週月曜日にメルセデス・ベンツの上海事務所の立ち入り調査を実施した。情報によると、クライスラーとアウディの独禁法違反が明らかになり、相応の処罰を受けることになる見通しだ。

メルセデス・ベンツの立ち入り調査の一日前、同社は自主的に中国市場の部品価格の調整を発表した。それまで、ジャガー・ランドローバー、アウディも完成車と部品の価格を引き下げていた。クライスラー中国法人も昨日、一部製品・部品の価格の調整を急遽発表した。

発改委の今回の独禁法違反に関する調査は、完成車の価格のみに限られず、完成車販売後の部品供給ルートの独占、ディーラーの価格つり上げ・地域限定の販売に向けられている。これは水平・垂直方向の独占、市場の支配的な地位の濫用など、独占禁止法の疑いがある行為の取り締まりを目的としている。

頻発するテロの背景には、政府要人の汚職、環境汚染などで激しさを増す中国人民の不満が横たわる。 習近平の暗殺が囁かれるほど事態は緊迫してきた。“脱中国”を決断する日本企業も後を絶たない。 6日の爆発事件は、党中央委員会第3回全体会議(三中全会=9〜12日)という重要イベントを目前にして起きた。 「このままでは習体制が揺らぎます。党幹部はそれを回避するため、人民の不満のホコ先が再び日本に向かうよう仕向けるでしょう。 共産党の常套手段ですが、今回もその危険が高まっています」(中国事情に詳しい経済評論家の杉村富生氏) 昨年9月、尖閣諸島問題で反日感情が異常に高まり、中国に進出する日本の小売業が襲撃された。 その後、日本製品の不買運動が続き、日本企業は販売不振に陥った。 ヤマダ電機は南京と天津の店を閉じ、三越伊勢丹は遼寧省の百貨店を閉鎖。昨年12月にオープンした高島屋の上海店は 売り上げ目標を130億円から半分以下の60億円に下方修正している。 「

威圧的な労働契約条項に反発

遅刻1回50元、遅刻2回目は100元といった罰金の大幅な引き上げや、トイレ休憩1回2分以内、2回違反で解雇という厳しい管理条項も含まれていたという。月給2000元、宿舎補助はなし、など給与、福利厚生も改悪された。しかも中国では2008年から労働契約法が施行され、ワーカーの退職時には勤続年数×平均月給の退職金「経済補償金」が支払われることになっているが、この契約書の切り替えによって、会社が買収される以前の勤続年数が加算されなくなる可能性もあると、ワーカーたちの間で広まっていた。

1 2