【速報】「日本が国家主権を主張するのは50年早い」発言は、大分県選出の衆議院議員の吉良州司。TPPの推進派であるが、売国の確信犯であることがわかった。吉良は国民に説明すべきである。まさか大分県民は、売国奴に投票したつもりはないだろう。吉良は、黙ってやり過ごすことは許されない。

返信 リツイート いいね

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

吉良州司議員が「日本が国家主権を主張するのは50年早い」と発言したと岩上安身氏が暴露…まとめ

「日本が国家主権を主張するのは50年早い」と発言した議員がいると、ジャーナリストの岩上安身氏がラジオ番組で暴露。その方とは、今現在参加の是非が問われているTPPについて、民主党PT事務局長を務めている吉良州司議員であると明かしました。

このまとめを見る