(1)我が国の安全保障及びシーレーン防衛のため。
(2)貿易収支による収入に加え、所得収支による収入が加わる構造を拡大することに繋がるので国富が増大する。
(3)FTAAPはTPPがルール・メイキング母体となる可能性が強い。ルール・メイキングの段階から深く参画することが国益に。

詳しくは議員公式参照
http://www.kirashuji.com/report/page/page_id/022010110500015001/

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

吉良州司議員が「日本が国家主権を主張するのは50年早い」と発言したと岩上安身氏が暴露…まとめ

「日本が国家主権を主張するのは50年早い」と発言した議員がいると、ジャーナリストの岩上安身氏がラジオ番組で暴露。その方とは、今現在参加の是非が問われているTPPについて、民主党PT事務局長を務めている吉良州司議員であると明かしました。

このまとめを見る