1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

komatyan7さん

岸和田・貝塚のグルメ・レストラン情報

住所 大阪府岸和田市西之内町64-2 [MAP]
営業時間 ●11:30~22:00(LO21:30)
休日 なし
平均予算 [昼]2800円 [夜]9000円
交通アクセス 南海本線和泉大宮駅から南東へ。徒歩15分。車は、阪神高速4号湾岸線岸和田南ICから府道39号線を南東へ、国道26号線を北東へ、西之内町東交差点を西へ。約10分

住所 大阪府岸和田市河合町1221-2 [MAP]
営業時間 ●11:00~22:00(LO21:30)
入店受付21時まで
休日 木曜不定休(祝日の場合は営業) 大晦日休業・元旦は夕方5時より営業。
平均予算 [昼]1500円 [夜]4500円
交通アクセス JR東岸和田駅から府道39号線を南東へ、車で10分。または、阪和自動車道貝塚ICから国道170号線木積交差点を北東へ、河合町交差点を南東へ約8分

関西の紅葉特集!

保津峡[京都市内その他/史跡・名勝]


亀岡から嵐山までの保津川沿い、約16kmの渓谷が朱で彩られるのが圧巻の[保津峡]。亀岡~渡月橋までを約2時間で下る保津川下り(乗船料=大人3,900円、4歳~小学生2,500円)の船上から紅葉を眺めるのが最高! また、紅葉の期間はトロッコ亀岡駅とトロッコ嵯峨駅の間で嵯峨野トロッコ列車(片道大人600円、子ども300円)が毎日運行されているので、片道約25分の鉄道の旅を楽しむのもオススメです。

<紅葉データ>
例年の紅葉開始時期 11月初旬
例年の紅葉最盛期 11月下旬~12月上旬

<アクセス>
●保津川下り乗船場へ 電車/JR嵯峨野線亀岡駅→徒歩約10分 車/京都縦貫道亀岡IC→R372→加塚交差点から府道403号線をJR亀岡駅方面(北東)へ、亀岡ICから約10分
●トロッコ亀岡駅へ 電車/JR嵯峨野線馬堀駅→徒歩約10分
●トロッコ嵯峨駅へ 電車/JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅→徒歩すぐ

清水寺[清水寺/神社・仏閣]


国宝・舞台造の本堂(清水の舞台)で知られる名刹は、春の桜と同様に秋の紅葉も人気。本堂下の錦雲渓や北苑の紅葉谷を中心に錦繍を装う境内は、浄土を思わせる美しさと名高い。モミジと荘厳な本堂との調和も見事で、特に奥の院からの眺めが絶景。12月12日まで夜の特別拝観(拝観料=大人400円、小・中学生200円)と成就院庭園特別公開(拝観料=大人600円 小・中学生300円)もぜひ。拝観料=大人300円、小・中学生200円。Pなし

<紅葉データ>
例年の紅葉開始時期 11月上旬
例年の紅葉最盛期 11月下旬~12月上旬

<アクセス>
電車/京阪本線清水五条駅→徒歩約20分 or 各線京都駅→市バス206系統「北大路バスターミナル」行き→「清水道」下車→徒歩約10分 車/名神京都東IC→R1を西へ、京都東ICから約20分

東福寺[京都市内その他/神社・仏閣]


京都五山のひとつ。境内の渓谷「洗玉澗(せんぎょくかん)」に架かる橋「臥雲橋」「通天橋」からはカエデが視界一面に広がり、まるで紅の雲海のような素晴らしい光景が望める。「市松の庭」など趣の異なる4つの庭が有名な方丈庭園も見逃せない。通天橋・開山堂拝観料=大人400円、小・中学生300円、方丈八相庭園拝観料=大人400円、小・中学生300円。P20台(秋の特別拝観中は閉鎖)

<紅葉データ>
例年の紅葉開始時期 11月初旬
例年の紅葉最盛期 11月中旬~12月上旬

<アクセス>
電車/JR奈良線・京阪本線東福寺駅→徒歩約10分 車/名神京都南IC→R1~十条通を東へ、ICから約20分

高野山[和歌山/史跡・名勝]


約1,200年の歴史をもつ、弘法大師が開創した真言密教の聖地・高野山。標高900mの山上に[金剛峯寺]をはじめとする117のお寺が集まり、街なかにも豊かな自然が残っている。お寺巡りや街散策をしながら、目にも鮮やかな紅葉ハイキングを楽しみたい。高野山内に約350台の駐車場あり。

<紅葉データ>
例年の紅葉開始時期 10月下旬
例年の紅葉最盛期 11月上旬

<アクセス>
電車・バス/南海極楽橋駅→南海高野山ケーブル→「高野山駅」下車→南海りんかんバス「奥の院」方面行きor「大門」方面行き→各バス停で下車 車/南阪奈道羽曳野IC→R170を河内長野方面へ→河内長野からR371 を橋本市方面へ→R370~R480を南へ、羽曳野ICから約2時間

豊臣秀吉の妻ねねが建てた高台寺(京都市東山区)で19日、境内のライトアップが報道陣に公開された。東日本大震災の被災地復興を願い、今年のテーマは「絆」。本堂の前庭に古瓦3千枚を並べ、水を操り大地を潤すとされる竜2匹が天に昇る姿を表現した。

 ねねをまつる霊屋(たまや)につながる廊下「臥龍廊(がりょうろう)」を半世紀ぶりに修復。その屋根瓦を再利用した。夜間特別拝観は21日~12月4日(入場受付は午後5時~9時半)。問い合わせは高台寺(075・561・9966)へ。(岡田匠、写真は高橋一徳)

秋の花の名所!

関西スポーツニュース

鉄道ニュース

1 2