1. まとめトップ

【医療崩壊】調剤薬局ポイントサービス禁止 医療用医薬品の値引き禁止の原則違反で

現行の保険制度では、貯まったポイントで一部負担金を減額しなければ、ポイントを付けたり、一般の商品の割引きや景品交換にポイントを使うことを禁止する明確な規程がない。

更新日: 2013年01月04日

6 お気に入り 11084 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハリマ0さん

「保険医療機関及び保険医療養担当規則」「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」を改正

クレジットカードなどで支払った際に生じるポイントの付与については、「(クレジットカードなどが)患者の支払いの利便性向上が目的であること」などを理由に認める

禁止したのは、医師の処方箋をもとにした処方薬のみで、市販薬は禁止対象外

「そんな余裕があるなら薬価下げろと言いたいが、薬局全体ではなくて、一部が客寄せをやってるのが実態というのも承知している。公定価格である以上、値引き行為は認めるわけにはいかない」

調剤ポイントの付与に関する様々な意見

2012年は「薬ポイント問題」(いわゆる調剤ポイント付与)で、クレジットカードやドラッグストアの付与するポイントが健康保険法が禁じる処方薬の値引き販売に相当するかが議論になったが、iTunes Cardの値引き販売も音楽・書籍の再販制度に与える影響も無視できない規模になりそう。

1