1. まとめトップ

被災地から放射性物質に汚染された瓦礫がいっぱい到着しました。。"@yanagase_ootaku: 都内に到着。これから車に積み替えられる。yfrog.com/oe5rbpkj"

被災地からの瓦礫到着。トラック、コンテナ周辺はすでに35マイクロシーベルト以上。場所はJR東京貨物ターミナルです。本日は絶対にマスクしてください。

@seirinji コンテナから漏れ出た液体はかなり高いですが、周辺は5.8マイクロシーベルトですね。RD

瓦礫受け入れ反対デモが開かれるってゆーから、来てみたけど誰もいない。。場所間違えたかわたし。。一人でこの格好はただのコスプレです。。

てか、リプーー!!全部読めないこの量。。300ぐらいきてる。。みんな、誰なんだ(笑) なんでタメ語なんだ(笑) 玄海原発再開はデマだって散々言ってた貴方、なんで助けて口調なんだ(笑)瓦礫はもうどんなにツイートで反対しても、都内に拡散始まってる。TPPならまだ可能性はあるかな。。

@kz_moon ソースって言われてもねー。ガイガー写真掲載したところで、今度は『見方が違う』『壊れてる』『世田谷の時の画像だ』とかいつものごとく批判くるからねー。批判することはたやすいんだよね。そーゆーと『真実を知りたいんです』とかくるしねー。果てしない要求なんだよね。

@kz_moon 玄海原発再開情報発信時もソースは?ってすごかったよ。友人からですって答えてたら、『デマだ』ってなったよ(笑) ひとまず今日の件は私が測定した液体(コンテナ内部から漏れてた)からのもの。周辺は5ぐらい。あとはそのうち、運び込まれた地区の人が測れよって感じだわ。

本日の瓦礫はこれで終了っぽい。さっきの写真の場所は、0.6マイクロシーベルトになった。なんであんなに高くなったり、トラックがいくと低くなったりするんだろう。でなんでこんなに騒いでいるのに、え?搬入されんの?みたいな人がまだいるんだろう。情報の温度差を感じる。。

@cornel1024 おもしろいのが、私物ガイガー使用禁止だったとこ。(笑)あと、読売がガイガーに8.○○とかでてたのに、電卓でなんか計算して、0.087とかに算出してたとこ。あの計算なんなん?!(笑)

@thoton @BlessMoment お疲れさまです。あれなんで堂々と私物ガイガー使用禁止したんですかね。鉛箱に入れた時や空間線量公表数値は、0.032とかでしたが、ターミナル駅線路脇が0.35マイクロシーベルトだったのに(笑)ってなりましたよ。報道陣も呆れ気味でしたね。

ほんとに公表通りの数値0.0023などかどうか大勢で見てほしいです。"@thoton: ガイガー持ってて、東京貨物ターミナル駅へ行ける人は行って下さい。所在地:東京都品川区八潮3丁目3-22(最寄り駅:東京モノレール流通センター駅) ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1…"

なんで周辺の空間線量よりもこの測定値は低いんだろう。そして、あの液体は何なんだろう。マスコミのあの計算は何なんだろう。なんで私物ガイガー使ったらだめだったんだろう。なんでみんなでどよめいたあの瞬間を報道しないんだろう。謎だらけ。ほんとに。 twitpic.com/7a84rm

(1) 東京都の#瓦礫 処理安全説は、統計学すら使っておらずそもそも適当。 1.サンプル数が少なすぎる 2.地区ごとのデータ 3.比較データが不明不完全。@hanayuu 【放射能】 asyura2.com/11/genpatu18/m…

@hanayuu (2)瓦礫が汚染されていないこと、汚染の度合いを証明するためには、まず十分な数の瓦礫を測定して、その地域の瓦礫の汚染度を推測する必要があります。

@hanayuu (3)さらに、放射能汚染は、地形や降雨の有無、風などの要因により、バラつき(地域ごとの汚染差)が極めて大きいです。従って、細かい地区ごとに瓦礫を測定する必要があります。

@hanayuu (4) 放射能瓦礫安全説唱える際に、科学的な根拠となるのが統計学です。統計学で前提を立てて、地域ごとの十分なサンプル数が必要です。 統計学とは twitpic.com/7bfhp3 有意とは twitpic.com/7bfhsc

(5) @hanayuu そして、始めて数値の検証や限界値の議論ができます。今回の汚染瓦礫処理で、 東京都のサンプル数(N=1)で、全体の瓦礫汚染の推定もいい加減です。従って、こんなデータはクズみたいなデータで信頼性はゼロです。

@hanayuu (6)驚くべきことに、この事実を無視する自然科学の学者や、マスコミ報道が多いことに驚きます。彼らの瓦礫汚染安全説の根拠を振り返ってみて下さい。怪しげな科学の土俵にすら、立っていません。おかしな話です(笑)

@hanayuu (7)結論;長くなりましたが、東京都の汚染瓦礫安全説は、数値の信頼性がゼロのため、全く根拠がありません。そもそも、議論もできません。さぼっていた、環境省と強引に進めた東京都は、さっさと汚染瓦礫焼却をやめるべきです。いい加減すぎる。(終わり)

電話をしてきた。一般廃棄物担当の齋藤さんというかたと話をしていた。環境庁によるとバグフィルターで99%以上除去できるとのこと。(本当か?) さらには宮古市の瓦礫(一般ゴミと混ざっている)は1kgあたり133ベクレルだそうだ。との平均は3005ベクレルだそうだ。

焼却灰はセメントで固めて、埋め立て地に埋めるとのこと。国の基準1kgあたり8000ベクレルだったら埋め立てに。

では海などに漏れださないのかというと、それはコンクリートで囲ってあって、雨水などは専用の下水道処理場と同様な濾過装置できれいにしたものを下水道に流すとのこと。しかし、私が疑問に思うのは水を濾過した段階で出て来る汚泥は物凄い濃度。

ではどうするのか?それは8000ベクレル以上のものは保管する所を造ってそこで保管するのだそうだ。

要するに放射性物質を溜め込んで保存する施設を都内に造るという事になってしまう。

あと焼却所の作業員には放射能に対応できる防護服やマスクを付けるという事だそうだ。しかしなんと言う事だろうか!!!! 瓦礫受け入れどうこう以前にこれは焼却所を原発と同じような環境だということでもある。

焼却灰に関しては、フィルターを通す前に一度、200℃まで温度を下げてから通すとの事。減らす努力はしているのだろうけど、私は根本的にデータの取り方を恣意で調節できてしまうケースが往々にある事を知っている。

1





家とかおでかけネタをまとめています^^;
狭小住宅の上をいく、極小住宅ミニハウス【夢の一戸建て】
http://matome.naver.jp/odai/2134435612262357301

このまとめに参加する