友罪 (集英社文庫)

友罪

薬丸岳著作

相変わらず重いテーマで物語は重厚です。
こういうことって日常に潜んでるんだろうな、
と思いながら読むとぐっとくるものがあります。

あらすじ
あなたは“その過去”を知っても友達でいられますか?埼玉の小さな町工場に就職した益田は、同日に入社した鈴木と出会う。無口で陰のある鈴木だったが、同い年の二人は次第に打ち解けてゆく。しかし、あるとき益田は、鈴木が十四年前、連続児童殺傷で日本中を震え上がらせた「黒蛇神事件」の犯人ではないかと疑惑を抱くようになり。。

この情報が含まれているまとめはこちら

【随時更新】面白すぎる/一気読み注意【本当に面白い小説】

本人の備忘録の為に作りました。みなさんの本選びに役立てていただければと思います。もちろん好き嫌いもあると思いますが。

このまとめを見る