折田先生像(おりたせんせいぞう)は、京都大学の前身の一つである旧制第三高等学校の初代校長折田彦市(おりた ひこいち)の業績を讃えるために製作された銅像である。京都大学構内に設置されていたが、派手な落書き・いたずら(オブジェ化)が相次ぎ、有名になった。本来の銅像の撤去後、かつての設置状況を模倣したオブジェが制作・展示されるようになり、これらのオブジェも「折田先生像」の名で通称されている。

出典http://ja.wikipedia.org/wiki/折田先生像

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

折田先生像の輝かしい仮装の変遷(2014/2/27更新)

毎年受験シーズンになると京大にとある像が出現します。今回はその像をまとめてみました。

このまとめを見る