1. まとめトップ

被災地(東北)の手工芸品リスト

被災地(東北)の工芸品を買いたい、贈りたい、という人がいるのですが、情報が1か所に集まっておらず探すのが難しいようなので作成しました。被災された方たちが作成したものがメインです。

更新日: 2016年03月11日

28 お気に入り 80268 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

haru_dokuさん

期間限定

被災して閉店してしまった工房・お店

DESIGN 和手ぬぐいの店 ありすや(岩手県釜石市)http://www.arisuya.com/

まとめて買えるサイト

被災した人達が作成したもの

まけないぞう

http://dgup.jp/makenaizou/
被災した人達が作成したタオル生地のぞう
1体400円

浜のミサンガ環

気仙沼ミサンガ

https://www.facebook.com/k.misanga/app_366464650095035
気仙沼で被災した人たちが作成したミサンガ。

南三陸ミサンガ

http://blueapples.jp/SHOP/824016/list.html
南三陸の被災者とボランティアのコラボレーションから生まれた手作りミサンガです。
制作者は10代から60代と様々な年齢層からなる被災者とボランティアです。
1本800円

マザーミサンガ

http://mother-misanga.ocnk.net/
石巻市の仮設住宅に住む女性たちが漁網の補修に使う糸を使って作ったミサンガ
1本1000円

桜舞太鼓ブレスレット

http://store.shopping.yahoo.co.jp/irodori-marche/baf9c9f1c2.html?sc_e=yfdm_fukkohub
販売価格:1,000円(税込)

被災した和太鼓の革を洗浄、染色し「桜舞」と「桜の花」の焼印を押しました。麻糸で編んだ組紐は被災者がひとつひとつ手作りしています。

釜石市唐丹町本郷の手踊り太鼓として発足し58年の伝統をもつ桜舞太鼓。
3.11の津波でほとんどの太鼓がながされ、瓦礫の中から発見されたものは海水につかり楽器として使えなくなりました。捨てるのは忍びないという桜舞太鼓のファンが考案したブレスレットです。

杜のミサンガ青葉

http://www.getbackjapan.com/items/index.html
《杜のミサンガ青葉》でもう一度もとの生活を!と宮城県名取市から始まった自立支援ミサンガプロジェクトは現在までに参加者40名以上になり最初は避難所で作り始めましたが今は仮設住宅でこつこつと製作されています。
全国一律1000円で販売されています。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11