1. まとめトップ

NHKニューイヤーオペラコンサート2012

1月3日(火)放送[Eテレ]後7:00〜9:00[NHK-FM]後7:00〜9:00

更新日: 2013年01月04日

0 お気に入り 6008 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

doyoubiさん

下野竜也/東京フィルハーモニー交響楽団【司会】夏木マリ、野村正育

「歌劇“タンホイザー”から巡礼の合唱“ふるさとよ、また見る野山”」
(歌手ソリスト)歌手ソリスト全員、(合唱)新国立劇場合唱団、(合唱)二期会合唱団、(合唱)藤原歌劇団合唱部、(児童合唱)NHK東京児童合唱団
「歌劇“トゥーランドット”から“誰も寝てはならぬ”」
カラフ…(テノール)福井敬、(女声合唱)新国立劇場合唱団、(女声合唱)二期会合唱団、(女声合唱)藤原歌劇団合唱部
「歌劇“トロヴァトーレ”から“見よ、恐ろしい火を”」
マンリーコ…(テノール)村上敏明、(男声合唱)新国立劇場合唱団、(男声合唱)二期会合唱団、(男声合唱)藤原歌劇団合唱部
「歌劇“椿姫”から“ああ、そはかの人か~花から花へ”」
ヴィオレッタ…(ソプラノ)森麻季、アルフレード…(テノール)大槻孝志
「歌劇“カルメン”からロマの歌“にぎやかな楽の調べ”」
カルメン…(メゾ・ソプラノ)林美智子、フラスキータ…(ソプラノ)大林優子、メルセデス…(メゾ・ソプラノ)下園理恵、(合唱)新国立劇場合唱団、(合唱)二期会合唱団、(合唱)藤原歌劇団合唱部、(フラメンコ舞踊)アルテイソレラ
「歌劇“カルメン”から闘牛士の歌う“諸君の乾杯を喜んで受けよう”」
エスカミーリョ…(バリトン)成田博之、カルメン…(メゾ・ソプラノ)林美智子、フラスキータ…(ソプラノ)大林優子、メルセデス…(メゾ・ソプラノ)下園理恵、(合唱)新国立劇場合唱団、(合唱)二期会合唱団、(合唱)藤原歌劇団合唱部
「歌劇“夕鶴”から“与ひょう、あたしの大事な与ひょう”」
つう…(ソプラノ)腰越満美
「歌劇“蝶々夫人”から“ある晴れた日に”」
蝶々夫人…(ソプラノ)木下美穂子
「歌劇“ボエーム”から“冷たい手を”」
ロドルフォ…(テノール)望月哲也、ミミ…(ソプラノ(歌唱なし、出演のみ))安藤赴美子
「歌劇“ボエーム”から“私が町を歩くと(ムゼッタのワルツ)”~第2幕フィナーレ」
ムゼッタ…(ソプラノ)中嶋彰子、マルチェルロ…(バリトン)谷友博、ミミ…(ソプラノ)安藤赴美子、ロドルフォ…(テノール)望月哲也、ショナール…(バリトン)須藤慎吾、コルリーネ…(バス)斉木健詞、アルチンドロ…(バリトン(特別出演))平野忠彦、(合唱)新国立劇場合唱団、(合唱)二期会合唱団、(合唱)藤原歌劇団合唱部
「パンの笛」
(フルート)竹山愛、(マラルメ作「牧神の午後」朗読)夏木マリ
「牧神の午後への前奏曲」
牧神…(バレエ「牧神の午後」)後藤晴雄、ニンフ…(バレエ「牧神の午後」)上野水香、(バレエ「牧神の午後」)東京バレエ団
「歌劇“カヴァレリア・ルスティカーナ”から復活祭の合唱“主はよみがえられた”」
サントゥッツァ…(メゾ・ソプラノ)清水華澄、(合唱)新国立劇場合唱団、(合唱)二期会合唱団、(合唱)藤原歌劇団合唱部
「“キャンディード”から“着飾ってきらびやかに”」
クネゴンデ…(ソプラノ)幸田浩子
「歌劇“トスカ”から“たえなる調和”」
カヴァラドッシ…(テノール)樋口達哉
「歌劇“トスカ”から“テ・デウム”」
スカルピア…(バリトン)堀内康雄、スポレッタ…(テノール)大槻孝志、(合唱)新国立劇場合唱団、(合唱)二期会合唱団、(合唱)藤原歌劇団合唱部
「楽劇“ニュルンベルクのマイスタージンガー”から“親方たちをさげすんではならぬ”」
ハンス・ザックス…(バス)妻屋秀和、(合唱)新国立劇場合唱団、(合唱)二期会合唱団、(合唱)藤原歌劇団合唱部
「歌劇“サムソンとデリラ”から“あなたの声に心は開く”」
デリラ…(メゾ・ソプラノ)藤村実穂子
「“キャンディード”から“メイク・アワ・ガーデン・グロウ”」
(ソリスト)ソリスト全員、(合唱)新国立劇場合唱団、(合唱)二期会合唱団、(合唱)藤原歌劇団合唱部、(※ステージラインナップ)東京バレエ団、(※ステージラインナップ)アルテイソレラ

NHKニューイヤーオペラ無事終了しました。生放送楽しんで頂けましたでしょうか?ランスルー終了後に放送時間に収まるのかという問題があったけども無事に終われて良かった。

放送ではわからないと思うけれど曲間の舞台転換が物凄く素晴らしかった。あのわずかな時間でカルメンやらボエームの大掛かりなセットへの転換、そして出演者の入場ができるのはきっと日本人だけだと思う。演奏と関係無いところで日本人の和の心を感じてしまった。是非テレビ上でも見て頂きたかった。

そして合唱団の皆さんお疲れ様でした。第九からそのままニューイヤーに突入していたりするからきっとお疲れのことでしょう。マエストロ下野さんは色々と生放送とか練習が十分に取れないなどの制約がある中、常にベストを尽くそうという姿勢が素晴らしかった。近々また新国の沈黙でお会いできる。

昨日は高知県須崎市で歌ってきました。
スペシャルゲストにメゾソプラノのオペラ歌手、清水華澄さんをお迎えし、
僕のステージに花を添えてくださったのですが、
清水さんは国立音楽大学時代の同級生で、今でも超仲良しの大親友!
大学時代には毎年彼女と成績のトップ争いで、
最終的には僕が2位、彼女が首席1位での卒業となりました。
僕は大学院には進みませんでしたが、彼女は大学院でも首席です!
留学先では彼女がいなかったおかげで僕が首席でした(笑)。

その通り!清水華澄は僕の親友です☆ RT @loveatom1205: こんばんは。今夜NHKのニューイヤーオペラコンサートを観ているのですが清水華澄さんが歌われました。岡本さんのツイッターによく書かれているメゾソプラノの清水さんですか?始めて歌声を聴いたのですが感動しました。

ありがとうございました。
キャンディードが終わり、袖に退場した瞬間に号泣。
声を上げて泣いてしまいました。

感謝の気持ちが溢れ、止められませんでした。

まだまだまだまだ未熟者。
明日からもっともっと勉強だぁーっ!!!

歌手ではテノール陣が健闘、合唱も大活躍、さすがの存在感は中嶋さん、そしてやっぱり、藤村さんのデリラは圧倒的だった。森麻季さんのふわーっと響いてくる声も素敵だったけど、他の曲の方が良かったかも?

ソプラノの森麻季、名前は聞いていたがテレビでさっき初めてみた。ルックスがいいし歌もよかった。1970年生まれだそうだがずっと若く見えるね。いいね。

森麻季さんはもちろん好きな歌手だけど、ヴィオレッタ役にはどうにもこうにも違和感が・・・。歌声にあまりにも安定感がありすぎて、刹那的なところとか、情緒不安定気味なところとかが全然感じられない・・・。しごく健全なお嬢様が青春を謳歌している風。

NHKニューイヤーオペラコンサート - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213256288…今年の演出はオペラハイライト風で良好だけど男性アナが下を向いて台本読んでるのが気に入らぬ。森麻季は坂雲の主題歌歌ったりして名前が売れたせいか声が荒れてるような、前はもっと良かった。

今回の中で、最も世界に通用する声を持つ、清水華澄さんは、ちょっとあの合唱の中でのソロでは、本当の彼女の凄さが伝わり辛く、可哀想だった。ただ、彼女自身も、前より少し、押し気味に歌っているのは気になる。
幸田浩子さんのクネゴンデ、私には真面目過ぎる。ただあの曲での下野さんの最後の加速、あれは見事だ。
樋口達哉さんのカヴァラは、久々に重く歌う彼を聴いた気がする。彼をイタリア時代から知る人に言わせると、日本では随分日本的な歌い方になってしまっていたそうだから。

NHKニューイヤーオペラコンサート - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213256288…ひと通り鑑賞終了。DVDに焼いて(在庫消化は時間順のため)未明謹聴は二ヶ月以上先か。清水華澄メゾソプラノに注目ならぬ注耳。

今年も錚々たる顔ぶれだし、みんな一所懸命歌っていたことは確かだが、その中で私にとって特に印象の強かった人たちを挙げるとすれば――まず冒頭で「だれも寝てはならぬ」を歌った福井敬。
 この人は、やはり声の響かせ方が巧いなと思う。1階席で聴いていると、声が強靭に、まっすぐ伸びて来る。そのあとに続いた村上敏明、森麻季、林美智子、成田博之といった人たちの声がみんな舞台の中に引っ込んでしまったようなもどかしい響きで聞こえていた(変なPAで増幅されるよりはずっとマシだが)のに比べると――もちろん立ち位置が影響するのは事実だが――やはり迫力が違

NHKニューイヤーオペラコンサート - NAVER まとめ matome.naver.jp/odai/213256288… 未明謹聴。トリは藤村実穂子/あなたの声に心は開く、圧巻貫禄だけどまるでワーグナー、このアリアは誘惑の歌、セクシーでなくっちゃ。いかなる歌唱力をもっても人格は変えられぬということ。

1