1. まとめトップ

福島原発事故後の言語障害、脳障害及び脳への影響に関するツイートまとめ

マチ『チェルノブイリ診察経験のある専門の医師が福島原発事故後、初期のころに、送られてくるメッセージがおかしくなっている。脳障害を起こしているという話はされていました。』

更新日: 2012年01月09日

0 お気に入り 7967 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nuclearleakさん

@onodekita 先生、ご報告です。このところ症状を伝えるために送られてくるDMやメールの文体そのものがおかしくなってきています。一ヶ月前にまともに文章を書けたハツラツとしていた人が整合性のある文章を書けなくなってきています。この5日ほどからです。

数は少ないですが、私もそう言う印象を受けます QT @ncb01721: @onodekita 先生、ご報告です。このところ症状を伝えるために送られてくるDMやメールの文体そのものがおかしくなってきています。一ヶ月前にまともに文章を書けたハツラツとしていた人が整合性のある文章を書

onodekitaさんは、『福島第二原発に5年、本店原子力技術課安全グループに2年の勤務歴 現在の職業は、暇な・・開業医』だそうです。

@ncb01721 チェルノブイリ診察経験のある専門の医師が福島原発事故後、初期のころに、送られてくるメッセージがおかしくなっている。脳障害を起こしているという話はされていました。

@GoodBye_Nuclear 正直に申し上げれば、数ヵ月後、つまり二三ヵ月後、こうした本人からの報告が継続可能かどうか、はっきりできると言い切れない方たちもいます。非常にピッチが早いです。

パンダのいる白浜の講演会。放射性物質が脳に及ぶ影響が、早期に首都圏でおきているのではという僕の懸念をはじめて話す。基本性格の過剰な強まり、論理的問答の欠落、質問について、そのまま回答せず、別のことを言い張る感覚。対話後の記憶の顕著な欠落。この人こんなはずではないという事が多い。

「チェルノブイリ」汚染地域で生じる被曝は、皮質-辺縁系機能障害を伴い、また、素因を有する個人に分裂病または分裂病に似た障害を引き起こす、分子レベルの情報伝達障害を伴う脳障害を引き起こす。

@GoodBye_Nuclear こうしたはっきりと認識できる状態になる以前に、段階的な症状に至るプロセスがあり、それは、どのようなものなのか、そこまでは理解できました。いわゆる、症状に向かう段階での傾向のようなものです。なにかありましたらご報告いたします。記録をとり続けます。

(2011.7.15)木下黄太『必読! 低線量被曝による「脳障害」「不妊」「糖尿病」などを警告するドイツ女医のインタビュー』
『この情報について、チェルノブイリの患者を二百人程度ヨーロッパでみたことのある専門家は、僕に対して「脳神経の専門領域で研究している僕も、脳障害がおきていることは気がついていて、あなたとの会話で、前から話したとおりだけれども、今回、日本では、さらに危険は強まっていると警告している。
『Siedendorf: たとえばよく言われるのは、チェルノブ​イリの近くに住む人達は神経質で、「放射能恐怖症」にかかってい​るということですね。だから、彼らは何をやっても集中できないの​だと。しかし、これは汎発性の脳障害なのです。人が生まれて来た後​に最も頻繁に細胞分裂する器官の一つが脳ですから。チェルノブイ​リ事故後の最初の世代では夫婦の30%が子どもに恵まれていませ​ん。ドイツでも10%がそうです。遺伝子が傷つけられたことで流​産や早産、そしてその結果、乳幼児の死亡が増えています。胎児の​段階で死なずに生まれて来れば、障害は次の世代へと受け継がれま​す。』
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/2f7dbec88afae5b028b4215c0e4f278f

コンスタンチン・ロガノフスキー「チェルノブイリは、広島に落とされた原爆のケースに比べれば被曝線量は低い。しかし深刻な内部被曝の被害者は多数います。甲状腺がんや神経系の病気の増加や、言語能力、分析能力の低下も見られました」

「チェルノブイリ」汚染地域では、子宮内発育15週で被曝した子供たちに、より低いレベルの言語的知能が見られる。

『〔被曝資料〕記憶力・集中力の低下(放射線誘発の脳損傷) 』低気温のエクスタシーbyはなゆー|bit.ly/tuvb0c

ヤブロコフ・ネステレンコ報告(はなゆー)
『大人の神経精神障害は、汚染地域において著しく高かった(31.2% 対 18.0%)。短期記憶障害及び集中力散漫(attention lapse)は16-17歳の高校生の間に見受けられ、これらの状態の重症度は、汚染水準と直接に相関していた。』
『・1986-1987年に従事した作業員の自律神経系障害は、1988-1989年の作業員の障害とは、その安定性、発現性(expressiveness)、発作性の変型、前庭系I-III型障害の存在及び末梢部位の血行動態障害に関して異なっていた。自律神経系障害は、精神神経行動の障害(例えば、無力症、記憶障害、集中力欠如(attention deficits)、情緒障害、神経症(neuroses)、心気症(hypochondriasis)、うつ病)と密接に関連している。』
http://goo.gl/xhbJm

放射性物質を人体に取り込むことは、人間の脳神経に大きな影響を与えかねない。 goo.gl/NQOcR

『ニューヨーク科学アカデミー刊行のレポートの中で、放射性物質の関与する脳の異常について、書かれた部分の翻訳です。Terry Yabumoto氏によるものです。』
『一般的な精神の病とは異なり、つまり、症状はどうであれ、治すことはほぼ不可能だろうとみられます。なお、リクイデータとは、汚染除去清掃人で、ほぼ死亡している人たちです。すなわち、リクデータのほぼ全員が、人格崩壊したということです。』
『汚染地域に住む多くの住民たち、特に胎児の段階で被ばくした人たちおよびリクイデータたちは、認知、短期記憶、集中力の持続期間、動作にかんする判断力、夢見などが悪化している。これらの異常は、大脳半球の深部、すなわち間脳、前頭葉・側頭葉の深部、後頭頂部の損傷と関係している。低線量被ばくは、自律神経に損傷を与える。広島・長崎の原爆の炸裂をくぐりぬけた母親から生まれた子どもたちの45%に知的発達の遅延がみられるという事実は、ひじょうに厄介な懸念すべき問題となっている。(Bulanova, 1996) 』

『〔放射能メモ〕被曝による脳梗塞、脳溢血、クモ膜下出血など 』低気温のエクスタシーbyはなゆー|tinyurl.com/3rwpms2

『放射性物質のうちのセシウムは、細胞にとりつき、エネルギー器官であるミトコンドリアの機能を破壊する。ミトコンドリアの機能が放射性物質で破壊されると、脳や心臓の毛細血管に悪影響があるという。

「心筋梗塞、脳梗塞、脳溢血、クモ膜下出血などの血管系の病気です。がんはそれほどでもないんですが、多いのは心臓病、脳血管疾患です。放射線被害の例としてがんや白血病がよく指摘されていますが、現実には、内部被曝を原因とする心臓や脳血管疾患が問題なんです」』

ウクライナ医学アカデミー放射線医学研究センターのトップが明かすこれから子供たちに起きること 被曝は何をもやらすのか- 知能の低下、左脳に損傷 コンスタンチン・ロガノフスキー インタビュー by 大野和基 - goo.gl/MSvS0

笑ってる人も今年限りだ。チェルノでは、年5㍉被曝予想された地域=強制避難、年1㍉以上地域の食材=禁止、年1㍉以下地域=監視。それでも3年目から、失明、多臓器不全、言語障害、歩行不能、白血病はじめ癌s等…。フクイチは100㍉まで大丈夫で瓦礫焼却・汚染肥料・放射能花粉に煙草…大量虐殺

関連まとめ

福島原発事故後の病状及び体調変化に関するツイート及び関連情報の一覧
http://matome.naver.jp/odai/2130641893229488901

1