1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

橋下徹に刺された6人の学者たち【大阪維新の会】

●登場人物⇒ 浜矩子・中島岳志・山口二郎・内田樹・香山リカ・藤井聡 各氏。 ●橋下徹氏のツイートより抜粋。 https://twitter.com/t_ishin ●橋下氏ツイログ: http://twilog.org/t_ishin/asc

更新日: 2012年06月23日

146 お気に入り 1227820 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■浜矩子・同志社大学教授

1952年生。専門は国際経済のマクロ分析。政府の金融審議会、国税審議会、産業構造審議会の委員を務める。TBS『時事放談』などに出演、著書に『グローバル恐慌 - 金融暴走時代の果てに』など。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E7%9F%A9%E5%AD%90

昨年の暮れに、ABC放送の「キャスト」に出演したときに、浜とかいう大学教授のおばはんに、みんなのために働いてもらうために税金で橋下を養っているんだと言われたよ。あんたは何様なんだ?府民・市民の普通の 有権者に言われたら、もうちょっと頑張りますと言いますよ。

この浜と言うおばはん大学教授は、自分が税金を受けていることも分かっちゃいない。大学教授はこう言う人多いね。国立大学はもちろん、私立大学だって運営交付金で税が投入されている。大学教授も、公務員と同じく税で養われている存在なんだ。確かに、僕は税で養われている。しかし大学教授も同じ。

浜さん、あなたの紫色の髪の毛とその眉毛、そのために国民はあなたに税金を投入しているんじゃないんですよ!番組の前半を見ずに出演してしまったから質問に冷静に答えたしまったよ。前半で、この浜さん、僕に対して自分だけが幸せを感じている人だって。それを聞いていたら容赦なく論戦したのに残念。

だいたいね、自分だけで幸せを感じるなら無責任なコメンテーターをやり続けている。浜さんは、「結局サッチャー改革は悪い結果をもたらした、そうならないよう」にだって。このコメントのために、税が投入されているのかと思うと死にたくなるぜ。じゃあ、あなたは具体的にどんな案があるの?

家族会議の結果、浜さんの容姿についてコメントしたことはダメだとなりました。容姿を批判したわけではないのですが女性の容姿に触れるのはダメだと妻に強く言われました。この点は撤回し、謝罪します。しかし税金で養われてる大学教授としてのあなたたちのコメントには納得できません。論戦しましょう

容姿に触れたことに関しては撤回・謝罪。

✄------------ 5日後 ------------✄

報道ステーションサンデーの録画を見たけど、また浜と言う同志社の教授が出ていた。長々と放していたけど、結局具体策は何も言わず。だから何をどうしたら良いのか一つでも言ってみなさいよ。結局分かち合いの仕組みをしっかり作ること、富の配分をしっかり作ること、これしか言わなかった。

だからどのようにその仕組みを作るのか?何一つ言わない。北海道大学山口氏、中島氏と並ぶ、日本三大役立たず教授だね。大阪市役所の会議でこのメンバーが話し始めたら5秒で退場を命じる。何をやるのか具体的に言うのが現実の政治と行政。竹中平蔵先生、上山信一先生は、具体的な提言・実行の繰り返し

浜と言う同志社の教授は実際の経済政策のことを何も知らないんだろうね。だから何も言えない。日本のような成熟した国家には成長戦略は似合わないだって?もうダメだこりゃ。外需を取り込む成長戦略も必要、内需拡大の成長戦略も必要。対象分野ごとに政策を打ち込まなければならない。

■中島岳志・北海道大学准教授

1975年生。専門は南アジア地域研究、近代政治思想史。大阪府出身。週刊金曜日編集委員、朝日新聞書評委員。著作『パール判事』について、小林よしのり氏と論争を繰り広げる。『報道ステーション』コメンテーター。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%B3%B6%E5%B2%B3%E5%BF%97

自分からは具体的な提案は何もできない。批判をするだけ。政治や行政の経験も何もないのに政治や行政を偉そうに語る。しかも税金で養われている。その典型例が、ABC放送のキャストと言う番組コメンテーターの浜氏、中島氏と言う大学教授。税金で養われていない普通の人は政治をガンガン批判してね。

知事生活そして今回のダブル選の過程で、僕の家族がどのような負担をしているかそんなことも浜と言う紫頭おばはんは想像ができない。本だけの世界で生きてきた人の典型例。典型的な世間知らずの大学教授。それと同じなのが中島とか言うコメンテーター。キャストさん、いつでも論戦に行きますよ。

税金で養われている北海道の中島とかいう教員はどうしようもない。「改革は一気にやるものではない。色が徐々に変わるようなグラデーション的にやるものだ」という趣旨のことを長々とABC放送のキャストでしゃべっていた。は~っ??だから??税金で勉強させてもらっていてこの程度のコメントか?

この中島とか言う学者に改革の一つでもやってもらいたいよ。大阪市の特別参与と言うポジションをを与えるからさ。学者も税金をもらっているんだから厳しく評価しなければならない。行政の改革をやらせてみたらいいんだ。まあこの中島氏、市役所で会議一つも開けないだろうけど。ほんと税金の無駄。

✄------------ 3日後 ------------✄

さてひと段落したので、今日も役立たず大学教授批判とでもいきますか。うっとおしければこの間、フォロー外して下さいね!北海道の中島とかいう大学教員がどうしようもない役立たずであることは、これまで少しは述べたけど、さらに追加。この大学教員、大阪まで来てコメンテーターで小金を稼いでいる。

ところがそのコメントが全く振るわない。府知事・市長のダブル選挙前に、大阪都構想について大阪市の区割案を示さないのは逃げている!と叫んでいたけど、この人の学問的想像性のなさには目まいがしました。大阪都構想は今ガンガン進んでいます。大阪府と大阪市の決定機関を事実上一つにした。

だから水道事業統合、府立市立大学統合、病院統合、消防統合、経済成長戦略統合、観光戦略統合、都市魅力創造戦略統合、その他府市の施設・期間のあらゆる統合の話しが一気に動き出した。大阪全体で考えるものがどんどん動き出したのです。これが大阪都構想の目的の一つ。

広域行政の一元化。これまで府と市でバラバラだったものが、ダブル選挙で松井知事と僕がトップに就いたので、府市統合本部を設置。ここが今フル稼働状態となっています。これまで何十年にも亘って何一つ動かなかった問題が動き始めた。大学教授は、府と市の間に横たわっている問題等何一つ知らない。

もし中島氏の言うとおりにやっていたら、今大阪がダイナミックに動き始めていることが、何も動かず、以前のまま。そして改革は徐々に色が変わっていくグラデーションのようにやっていくという全く意味不明の中島氏の主張に従っていたら選挙に落ちて、何もできなくなる。これが大学教授です。

ダブル選挙前に区割り案を作れ!って、中島氏は一体どういう思考回路をしているのか不思議でならない。まあ学者だから仕方ないか。何一つ実行しない人だから。特別参与のポストを空けておくから、組合問題の一つでも解決してもらいたいね。まあ何が問題かも認識がないだろうけど。

■山口二郎・北海道大学教授

1958年生。専門は行政学。日本政治学会理事長。村山内閣でブレーン、小選挙区制推進の立場から後に立場を変える。1997年頃は規制緩和に積極的であったが、小泉政権を批判している。現在は民主党のブレーンでもあり、政権交代が実現すると「市民革命が成就した」と絶賛。だが2011年の野田政権になると「もはや2009年の政権交代の意義は消え失せた」と立場を変える。共著に『橋下主義(ハシズム)を許すな!』があり、大阪都構想について「実現の可能性はゼロだと思う」と非難する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E4%BA%8C%E9%83%8E

道州制の話になるとすぐにメリット・デメリットを説明しろと、北海道大学の中島とかいう税金で養われている役立たずが言うでしょう。未だに大阪都構想について説明が足らんと言い続けている。師匠が山口とかいうこれまた税金で養われている役立たず。この人達は、単に僕のことが嫌いなだけ。

出来上がったものが、デメリットの方が大きければ修正すれば良い。今重要なことは、現状維持で良いのか、一から作り直すのか。山口、中島、浜とか言う役立たずは、結局現状維持を言っているしかない。国民は現状維持を望んでいない。それなら現状よりも少しでも良いものを作ることに挑戦するしかない。

現状のままの方が良いという勢力はもちろん存在する。しかし作り直してくれと言う勢力の方が多いであろう。完全一致なんてあり得ない。だから多数の民意に従って、作り直しに挑戦するのが政治の役割。山口、中島、浜とか言う役立たずグループは、今の日本で何をすべきと言うのか。何も言えないだろう。

■内田樹・神戸女学院大学名誉教授

1 2 3