1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

AKB48の平嶋夏海(19)と米沢瑠美(20)が、グループ脱退を申し入れたことが28日付の公式ブログで明らかになった。平嶋は、派生ユニット・渡り廊下走り隊7の公式ブログでも脱退を表明。きょう都内で開催される同ユニットの握手会イベントは、平嶋を除く6人のメンバーで行う。

平嶋、米沢も出演した『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100』(12年01月19日)

 チームBに所属する平嶋は、2005年のAKB48結成当初からのメンバーで、前田敦子(20)、高橋みなみ(20)らと同じ1期生。選抜総選挙は2009年から3年連続26位、渡り廊下走り隊7のリーダーとしても活動していた。

 一方、チームKに所属する米沢は、柏木由紀(20)、渡辺麻友(17)らと同じ3期生。第1回総選挙は22位、第2回は34位に選ばれていたが、昨年は圏外だった。

 平嶋は渡り廊下走り隊7の公式ブログで「私、平嶋夏海はこの度、AKB48・渡り廊下走り隊を辞退させていただくことに決めました。急な発表になってしまいすみません。皆さんにご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ありません。いつも応援してくださる皆さん、メンバー、スタッフさん、AKB48関係者の皆さん、本当にごめんなさい」と謝罪を繰り返した。

 理由は明らかにされていないが、ツイッターなどで男性と一緒に写ったプライベート写真が流出し、ネット上で大きな騒ぎになっていた。

今日、平嶋夏海(正しくは米沢もだけど、米沢は知らん)がAKBを引退するというニュースが出た。
理由は合コンをしているような写真がネットで出回ってしまったからだ。

ラーメンからメンマ抜ける程度だろ?

結構良い存在かもしれん。抜けても誰も気付かないかもしれないけど、でかい存在・・・。

おそらくAKBに全然興味がない人は、「平嶋夏海って誰? どうでもいいメンバーだから切られたんだろ」って思う人もいるかもしれん。
でもAKBファンにとって、いやチームBファンにとって、この「平嶋夏海、引退」は「高橋みなみ、引退」というくらい激震が走ることなんだ。

画像は可愛いの選んだら、こんな感じか・・・。多分、あんまアイドルっぽぽくなくて一般受けはしないと思う。

俺は1なっちゃん推し(平嶋の愛称)として、ただただ平嶋がいかにAKBに貢献しているかをここで話したいと思う。多分、批判も一杯あると思う。けど書かずにはいられないんだ・・・。

まずAKB48には初期メンバーという1期生から頑張っているメンバーがいる。
AKB48あんま詳しくない人は知らないかもしれないけど、この初期メン(オリメン)という名の1期生はファンの中でも神格化されているんだ。確か今から・・・6年前くらいからか、AKB発足当時から頑張っている6人のメンバーがいる。
それが前田敦子、高橋みなみ、板野友美、小嶋陽菜、峯岸みなみ、そして平嶋夏海なんだ。そう、平嶋夏海は数少ない1期生の生き残りでもある。
おそらく前5人は一度くらいは聞いたことがあるだろう。前田~小嶋は神7(上位7人。板野は今年、8位だが・・・)だし、峯岸もよくネットでガチャピンに似てるとかで結構有名だ。しかし最後の平嶋夏海は聞いたことがない人もたくさんいると思う。
確かに平嶋夏海のメディアの露出は低い。学業を優先している、ということもあるが(確か修学旅行で「マジすか学園」というAKBのドラマの収録を休んだという話もある)、とにかく何故か優遇されまくっている1期生の中で一人だけ不遇の時代を送っている。


今思えば「男関係のペナルティが溜まっていたから」と考えられるかもしれん。
でもまあそんなことファンは分からないし「1期生で唯一、干されているメンバーだから、俺達が支えてあげないと駄目だ」みたいな、変な使命感もあって人数は少ないかもしれないが、熱狂的なファンが多いんだ。
これが平嶋夏海の特徴なんだ。


まずAKB48の仕組みについて簡単に説明したいと思う。まずチームA、チームK、チームB、チーム4、という四つのチームが存在する。その4つのチームで公演というLIVEみたいなことをやっているんだ。
チームについて簡単にいうとチームAは1期生ばっかで「運営からも期待されている、エースメンバーが揃えられている」。
だから前田とか高橋とか篠田とか小嶋とかのエースメンバーがごろごろ転がっていて、高城とかの次世代を担うと考えられるメンバーがいる。
つまりチームAっていうのは「AKBそのもの」なんだ。

対してチームKは2期生を中心に作られたチーム。特徴としては「体育会系」宮澤や秋元、大島優子ととにかく攻撃的な性格の人間が多い。熱狂的なファンが多いのもここで、大島優子が選挙で1位になれるのもこのチームK推しの人間が投票することもでかい。
名曲が多いことも特徴で「引っ越ししました」「奇跡は間に合わない」「転がる石になれ」「RESET」とかはAKB屈指の名曲だ。

チーム4は最近できたばっかなので、はしょらせてもらうとして、最後にチームB。これは3期生を中心に作られたチームだ。
この3期生を中心、っていうのがポイントだ。チームBの特徴は、一番最後に作られたチームなので2軍的なイメージが付きまとう。しかし妹的で個性的なメンバーが多くて、渡辺や柏木のダブルエースを擁している。
とにかく、ぴょんぴょん飛び跳ねるようなダンスが印象的で、ファンもおとなしい人が多いイメージがある。

チームKは格好良いイメージでファンの人も「気合いだ気合いだ気合いだ」というかけ声があって、まるで田舎のチンピラみたいなんだ。これがチームKの魅力の一つだと思う。
対してチームBは無駄にぴょんぴょん飛び跳ねて、声も高くて、チームKに比べたらファンがおとなしいことが分かるだろう。

そのチームなんだが、順番的にはチームAができて、足りないからチームK作って、それでも足りないからチームBを作ったっていう順番なんだ。
だからチームAには1期生が固められ、チームKは2期生が固められている。
なのに、何で平嶋はチームBなのか? それは「左遷」されたからだ。
元々チームAのメンバーだったんだが、チームBのメンバーがレッスンの厳しさに逃げて止めてしまい、人数不足で公演が出来なくなってしまった。そこで平嶋、浦野、佐藤ゆかり等のチームAのメンバーがチームBのサポートメンバーとして回ったんだ。
サポートメンバーといえば聞こえが良いかもしれん。しかしこれは、事実上の左遷といっても過言ではない。

ここで普通の人なら腐るかもしれん。実際、平嶋は最初、チームBの人達の印象を「あまり良くなかった」と言っている。
一緒にチームBに左遷された浦野とも最初はあんまり仲が良くなかったらしい。
けど、ここで「このままでは駄目だ」と思った平嶋は気持ちを切り替えて大車輪の活躍を見せる。AKBの運営から「いらん」という宣告を受けて、チームBに行って、普通の人は止めるかもしれん。
実際、平嶋は止めようともしたらしい。しかしここで腐らずにチームBの黄金期を作ったのが平嶋夏海なんだ。

上の動画はチームBの神曲とも言われている「初日」だ。ここで「一人だけ踊れずに、悔しくて泣いた日もある」という歌詞があるんだが、この1人だけ踊れなかったのが、当時チームBのメンバーであった仲川だったらしい。
この仲川に対して、平嶋は自分のレッスンの後にも居残りで教えていたんだ。仲川だけではない。
チームBのメンバーで平嶋の世話になっていない人はいない、っていうくらいダンスを教えてもらったと思う。ダンスの経験者があまり多くないチームB(3期生)のメンバーにとって、経験者の平嶋は貴重な存在だったんだ。
もちろん、学校にも通いながら、レッスンして公演して、さらに居残りで後輩メンバーに(年齢的には上のメンバーも多いのに)、ダンスを教えていたんだ。当時チームBは「2軍、2軍」と言われバカにされ続けていた。
そんなチームBを「1軍」という認識まで引き上げることに成功した、いや今のAKB人気を作ったのがチームBである、と俺は思っている。


とにかく平嶋はチームB立ち上げ当時の尽力者なんだ、これを覚えて欲しい。
この「実質的なキャプテンは他の人かもしれないけど、裏のキャプテンは平嶋だよね」という声も熱狂的なファンを増やす一要因なんだ。
ちなみに平嶋は背が低く、最初からバックダンサーとしての運命を背負わざるを得なかった。
背が低いのにバックダンサーでどうやって目立てばいいのか・・・そこで考えられたのが「ぴょんぴょん」飛び跳ねるようなダンスなんだ。チームB全体が「ぴょんぴょん」飛び跳ねるようなダンスになっているのは、
平嶋がダンスを教えていたから、とも言われている。


これからは平嶋夏海の凄さと魅力を分からせるためにチームBについてちょっと語りたいと思う。このチームBだが、最初の方はあの熱狂的なファンが多いチームKの公演とかしてバカにされ続けていた。


柏木は鼻にんにくだし、渡辺はラミレスだし、多田はすぐ泣くし、仲川は走り回るし、片山はBBAだし、
佐伯はすぐ怪我するし、菊地はプリクラ流出させるし、でいいとこ全くなかったと言ってもいい。
しかしこの逆境の中で秋本康から「パジャマドライブ」っていう神曲が一杯入っている神公演をもらうんだ。
中にはさっき紹介した初日やら、天使のしっぽ、鏡の中のジャンヌダルク、てもでもの涙、ととにかく神格化されているくらい良い曲が多い。

そして「パジャマドライブ」公演で波に乗ってきたチームB。渡辺、菊地の両エースを従え、柏木も育ってきているし、2軍とは何だったのか? の状態が続いていたんだ。
しかしそんな順風満帆に見せるチームBに激震が走る。
当時、エースメンバーの一人だった菊地がスキャンダル(ツーショットプリクラ流出)でAKBを止めてしまうんだ。それでクビになった当日に舞台に上がることはメンバーの誰もが「足が震えて無理だった・・・」というくらい辛いことだと思う。
簡単に例えると、前田敦子と高橋みなみが男作ってクビになって、10時間後くらいに二人が抜けた状態でLIVEしろよ、と言っているようなもんだ。
そんな時、足がすくんでいるメンバー達に「行こう!」と言ったのが平嶋なんだ。まさか平嶋が解雇される側に回るとは夢にも思ってなかった・・・。

みんな泣きながら歌っているのが分かると思う。こんな「2軍だ」と言われ、エースメンバーの一人が解雇されて満身創痍のチームBの代表曲が1位になったんだ。
これが泣かずにはいられるか! これは歌詞ともマッチして「平嶋の曲」と言われているくらい、AKBの中ではとにかく人気が高い。


もう長くなっても、興味ない人が多いと思うし、ここで平嶋夏海の凄さは終わる。
まあとにかく何度も言うが、平嶋は「チームBの黄金期を作った人間」なんだ。そんな人間が止めるんだぜ? ファンにとっては「高橋みなみ、引退」くらいに(流石に過大評価か)衝撃が走ることだと思わないか?
折角、「グーグルプラス」っていう、ツイッター的な奴で人気も急上昇してきたのに・・・やっと高校卒業してAKBに専念できるのに何でこんな目に? と思うところが正直なところだ。

俺は昨日、画像が流出してるのを見て、運営にもバレていたから「米沢は何らかの処分を受けると思うけど、平嶋は・・・まあ謹慎くらいか」と思っていたんだ。
しかし何だ。朝起きたら「解雇・・・?」。もう意味が分からなかったさ。
正直、いくら何でも運営の判断が潔すぎる。秋元才加が枕してるっていう話が上がった時も「キャプテン辞任」で終わらせ、
最近では実績のない大場美奈っていう奴がプリクラ流出させて、運営批判しても謹慎で終わらせたのに・・・何故、これだけ実績もファンもいる平嶋を切ったのは不可解としか思えない。

俺は元々「DD」っていう、推しメンというか、特に応援しているメンバーはいずにAKB全体を応援している感じの人だったんだ。
別にその状態に満足していたんだが、平嶋夏海の経歴とか動画を見て一気に好きになって、2週間前くらいに「推しメンは平嶋夏海」と言えるくらいになったんだ。やっと推しメンを見つけたと思ったのに・・・。
というか後、俺好きな人って「菊地あやか、大場美奈、高柳明音」とかスキャンダル出回った奴ばっかなんだよな・・・もしかして寝取られ属性があるかもしれん。

別にAKBの人に彼氏がいようが、俺はどうでもいい。ただ、プロなら隠し通して欲しかったし、あんな軽率な写真撮らせるのはプロとして自覚が足りない。
でも、まあこれからの反応次第では別に平嶋のことは嫌いにならなかったと思う。けど、いきなり解雇って・・・渡り廊下どうなるんよ。
そして一番悲惨なのは今日、握手会に行く人。いきなり朝になって「平嶋、解雇」って、今日の握手会は絶対荒れると思おう。倒れるメンバーとかファンが続出すると思う。だから12時から開催される握手会に注目だ。
俺はもう何かいい・・・とりあえずAKBから一度離れるわ・・・というわけで、俺の話はここで終わる。何かどうでもよくなってきた。

ttp://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1327715607/

1