1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

賃貸でもできる!簡単「カラーチェンジ」リフォームまとめ

壁と、床と、ファブリックの色を変えれば、部屋の印象ががらっと変わる!ひとり暮らしのワンルームで引越後1年くらいかけて実践した、賃貸マンションでもできる簡単なリフォームの方法をまとめます。

更新日: 2014年01月13日

tamura38さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
654 お気に入り 278969 view
お気に入り追加

だいたいこんな感じの部屋でした(1年前)

別角度からもいっちょ。

ものは増えたんですが、色は落ち着きました。

この1年間で、カーテンやベッドリネン、そして床の色をチェンジしたのですが、その過程をまとめます。

事前準備1. 色をチェックする

まずは、いまの部屋の色をチェックします。

変更可能な色は、
1. 壁の色、2. 床の色、3. ファブリック(カーテン、ベッドリネン)の色

変更不可の色は、
1. ドアの色、2. 幅木の色、3. 備え付け家具(クローゼットなど)の色

変更不可の3つの色は、日本のほっとんどの賃貸住宅の場合、すてきなナチュラルブラウンです。
よって、本気で色を合わせたいときは、ベースをブラウンにします。
私の部屋はこれがすべて白×グレーだったために、ベースをグレーにしました。
まだ物件選びの段階のアナタは、この「変更不可3色」をチェックされることをオススメします。

事前準備2. ベースカラーとアクセントカラーを決める

数あるインテリアまとめなどを参考に、ベースカラーとアクセントカラーを決めましょう。
私のいまの部屋は、グレー、白をベースに、アクセントカラーにブルー。

おすすめは、インテリア界の極北オシャレ雑誌、『ELLE DECO』

信じがたいほど美しい素敵色使いがたくさん載っています。これはペールブルー×イエロー。

有名な↑の実例集ですが、これはまっさきに、フロアタイルの色に注目してください。日本の特にひとり暮らし向けの賃貸マンションにひじょうによくありがちなナチュラルブラウンのクッションフロアではないものをつかっている写真(おそらく撮影用のモデルルーム)がけっこうありますが、これを目指すにはまずフロアタイルのはりかえが必要です。そこまでは…という方は、似た色の床の例を参考にするとよいですヨ。

ブラウン×グリーン

ホワイト×ダークブラウン
これはフロアタイルが白い部屋

ナチュラルブラウン×ブルー×イエロー
これもフロアタイルの質感がイイですね

1. 壁の色をチェンジ

では、ここから実際に、色をチェンジしていく方法まとめです。
ひとつめは、壁の色チェンジ。

1. 壁紙を買う
2. 壁の高さにあわせて切る
3. ホッチキス(180度開脚するもの)で止める

超簡単!ホッチキスは押しピンよりも穴が目立たないので原状回復にも何ら問題ありません。というよりむしろ、もともとの壁紙を汚さずに済むのでいますぐやったほうがいいですね。

部屋の一角です。
壁紙と、チキンネットをホチキスでとりつけています。
チキンネットには、クリップやマグネットでいろんなものがかけられて便利です。

マジックテープをホチキスでとりつけて、そこにファブリックを貼付けるという超アイディア商品です。これはイイ!!壁紙よりさらにお手軽だし、しかも洗える!!

あのマスキングテープを幅広くして、壁に貼ってみようという、これも超アイディア商品!!リフォーム用品の代名詞的なあのカッティングシートよりはるかに扱いやすく、しかも楽しい!!壁だけじゃなく、「変更不可」と書いたドアや家具も、がんばれば色チェンジできちゃいます。

1 2





このまとめへのコメント3

  • この投稿は現在表示することができません。

  • tamura38さん|2012.03.01

    >春鳥さん
    部屋がきたないんでもうちょっと片づけたら公開します…

  • 春鳥さん|2012.03.01

    で、結局どんな部屋になったの?

1

おそらく日本で唯一くらいのエスカレーター専門サイト「東京エスカレーター」を運営、「高架橋脚ファンクラブ」会長。お部屋探しサイト「goodroom」の中の人です。