1. まとめトップ

スーツ 着こなしの基礎知識(シャツ編)

スーツを着こなす際に必要な、シャツに関する基礎知識のまとめ。

更新日: 2013年09月11日

225 お気に入り 159289 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

基本的にはスーツにおけるシャツ=下着の扱いなので、キメなくてはいけない際には必ずボタンはとめましょう。昔はシャツの裾が、本当に下着かわりになっていたそうです。シャツの裾が身頃だけ長く作られているのは、その名残。

襟の種類

一番ベーシックな襟=カラーの形。
ネクタイの結び方も比較的何でも似合う。

襟が広く開いているシャツ。
ネクタイは比較的太く結ぶようにしないと、ちょっと不格好。ネクタイの存在感が増すので、ネクタイの選別に気を使いましょう。

最近流行のワイドカラーよりも更に空きの広い衿型。襟が鋭角ではなく鈍角になっているのが特徴。ノーネクタイの時にも特徴的な襟でひねりがきいている。

ボタンで襟の先がとめてあるもの。
カジュアルな印象になる。

基本的にはカジュアルシャツに分類されるので、フォーマルな場にはふさわしくありません。

襟と袖が無地で作られているシャツ。
身頃の柄がはっきりしていたり、色が濃い目でも緩和されるので、柄物を着たいけど、ちょっと勇気がない・・・という場合に重宝する。

スーツ同様着痩せ効果が得られる。
柄として入っているものだけでなく、織柄でストライプになっているものもあったりするので、さり気ない演出に。

あまりカジュアルに見えないので、柄物を初めて選ぶ時には入りやすい。

少しカジュアルな印象。
トラッドっぽいコーディネートをしたい場合、お役立ちアイテム。

サイジング

男性のスーツ用のシャツは、首周りと腕の長さで選びます。
また、最近のビジネスシャツは細めと通常のサイジングでラインを分けていたりします。


たまにS/M/Lでサイジングがあるメーカーもありますが、特殊体型の人は不恰好に見えてしまいます。
必ず店員さんに採寸してもらって、体にあったサイズを選びましょう。

首周り:一番上のボタンをとめて、指が2~3本入る程度
腕の長さ:手首から+数センチ。スーツから2~3センチ出るように。

もっと詳しく知りたい人へ

その他のスーツ関連のまとめ

1