女性のホルモンレベルはたえず変化し、脳や体に影響を与えている。

月経開始から10日後、排卵日の直前はエストロゲンの高まりとともにおしゃれをし、テストステロンの刺激によって「積極的」になる。
1週間後のプロゲステロン(黄体ホルモン)が上昇するころには、両手でカップを包んで本を広げたい気分になり、次の週にはプロゲステロンの減少で泣き虫でちょっとしたことにもイライラするようになる.

前へ 次へ