過去10年の脳画像診断の研究によって男と女の脳は痛みや恐怖に対して違った反応を示すことが分かってきた。女性の方がこの二つのことに対して影響を受けやすい。

女性の脳はちょっとしたストレスにも反応し、大きなストレスに慣れ難い。ラットによる実験だが、人間にも応用可能だと思われる。

ストレスを感じやすいことにはいくつかのメリットがあり、狭まった視野をより柔軟な広いものにしてくれる。しかしが不安な状態が長く続くことは、ダメージがあるかもしれず、これは女性の方が鬱病やPTSD、不安障害になりやすいことの理解を助けることになるかもしれない。

前へ 次へ