ウィキペディアによれば、活字を作成する際に、参考とした標準字形は中国の清朝に編纂された『康煕字典』に採用された字体を「正字」と呼んでいるようです。つまり、日本の日常的な現実では「円」と書くのが一般的でそれらは「俗字」と呼ばれていました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日銀を天空から見ると「円」の文字に見えるのは意識的設計か?

クイズ番組等でよく引き合いに出されるそうなのだが、日本銀行を上空、つまり鳥瞰のGoogle Earthの視点で見ると「円」の形に造られているという…。

このまとめを見る