1. まとめトップ

JAL GLOBAL CLUB (JGC) JALグローバルクラブの優遇度まとめ

JALの上級会員ステータスカード主にJMBサファイアステータス(年間50,000FLY ONポイント、または50回、他条件あり)を取得すると入会の案内状が来る。JAL CLUB-Aカード(年会費10500円)またはCLUB-Aゴールドの入会が必須。年会費を払い続ければ、基本的には維持が可能。

更新日: 2014年04月25日

66 お気に入り 124299 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

skymarkさん

機内に搭乗してから、CAが挨拶にやってくる。その際に必ず実名を呼ばれる。
現状は国際線のみだが、以前は国内線でもおこなっていた。

毎年年末に特製手帳とJALカレンダーを発送してくる。
A4程の大型手帳と卓上カレンダー、または小型手帳と大型カレンダーを選択できる。
また両商品がいらない場合は、500マイルをもらうことも可能。

お得な運賃のスーパー先得・先得は通常一斉発売より選考して予約受付が可能となる。
以前設定されていたバーゲンフェアでも同様の措置があった。

機内後方などで、ビーフorチキンが片方無くなるということがよくあるが、JGCは先に食べたいものを聞きにきてくれる。

満席の場合に、結構な頻度でビジネスクラスへのアップグレードがされる。おそらくJGCなど上級会員を優先的にアップグレードしている模様。

非常口など足元が広い座席は通常の予約では空席として出てこない場所となっているが、JGCなどステータス会員では予約が可能。元レインボーセブン機でクラスJの前方2列が元スーパーシートとなっている箇所も同様の扱い。

空港や予約のキャンセル待ちにおいて、優先的に権利が与えられる。但し、JMBステータスのダイヤモンド・JGCプレミア・ワンワールドエメラルドはより優先され(カテゴリーs)、JGCはその次(カテゴリーA)となる。

預けた手荷物は、到着空港で優先的に回転テーブルへ出てくる。

主要空港ではサクララウンジが設置され、本人および同行者1名まで利用が可能。国際線では食事や各種お酒。国内線ではビール・ソフトドリンク・おつまみが用意されている。(全て無料)
また成田空港のサクララウンジにはマッサージ師による施術も行っている。

羽田や成田空港には手荷物検索も専用のゲートがある。
同行者も利用が可能。

出典ameblo.jp

主な空港ではJGC専用カウンターを設置。
ほとんど並ぶことが無く、チェックインと荷物預けが可能。

1





このまとめへのコメント1

  • haco808さん|2012.04.05

    はじめまして。
    グローバル会員っていいですね!!
    ところで、JGC会員本人の同行者一名も非常口席の予約をしたことありますか?
    会員本人一人だけしか予約できないのであれば、JGCの修行(をしようと考え中・・・)しても無駄になるなぁと弱腰になってます(^_^;)

1