1. まとめトップ

ファッション好きなら持っていて当たり前?『ド定番スニーカー』10選

雑誌の定番モノ企画の掲載頻度や、各スニーカーの歴史を加味し、選定。「それを入れるならこっちだろ!」と言う意見もあるでしょうが、ブランドや、そのシューズの支持層が偏らないように、幅広く選んだ結果、こうなりました。スニーカー選びのご参考に是非。

更新日: 2012年02月12日

amemaaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
775 お気に入り 548951 view
お気に入り追加

全世界において、ファッショニスタから脱オタまで、子供も大人も、男女問わず、正に老若男女から愛される、全方位型超ド定番スニーカー。

あまりのド定番ぶりに一度は敬遠してしまうが、1周まわってまた好きになる、と言う魔のサイクルにハマると、あとは形・色・素材違いで多足持ちし、下駄箱がオールスターだらけになる、と言う中毒者も少なくない。

持っていない人は、まずは定番のキャンバス素材、オフホワイトor生成りor黒を持っておくと、とりあえずコーディネートには困らない。

オールスターと並ぶ、コンバースが誇るド定番。オールスターと比べると、ポテっとした丸っこい安産型フォルムと、トゥの「スマイル」、ヒールパッチの「青ヒゲ」と呼ばれるデザインが魅力。

現行モデルはインソールも改良され、オールスターに比べると履き心地も良好。

オールスターと同じくキャンバス、レザー共に定番だが、形はローカットのみが人気。

ピストル自殺をした伝説のロックンローラー、カート・コバーンが愛用していたことでも有名で、そのせいか、ジャックパーセルを履いている人からは「オールスターではなく、あえてジャックパーセルを履くんだぜ」と言う、ロック魂が感じられるのは筆者だけだろうか。。

シェルトップと呼ばれる、トゥのデザインが特徴的なド定番スニーカー。

ヒップホップ界のレジェンド、RUN-DMC のメンバーが靴紐を外して履いたことでも有名(その履き方をし易いように、のちに兄弟モデルのウルトラスターも発売)。

こんなに歴史もあって、確かに人気はあるのに、街でお洒落に履きこなしている人をなかなか見掛けない不思議。(私見)

時流に関係なく、常に定番で在り続ける、ド定番スニーカー。

アディダスの三本線をパンチングで表現した、飾り気の無いデザインが、あまりに爽やか。あまりに洒脱。基がテニスシューズと言う出自にも、爽やかさが漂う。

合わせるモノを選ばないと言う、コーディネートのし易さでは、オールスターと二分を争う。

カラーは写真の白×緑が最も定番であるが、白×白や、デザイン違いのベルクロモデル「スタンスミス・コンフォート」も各色、人気。

皆大好きNIKEの中でも、特に皆大好きな、ド定番スニーカー。

ハイカット、ミドルカット、ローカットとそれぞれのモデル、また、多彩なそれぞれのカラーに魅力が。

着用している層も、アメカジ好き、B-BOY、スケーター、ただのオッサンなど、幅広く、このごつめのデザインを、あえて、モードなキレイ目コーディネートの外しに使うファッショニスタもチラホラ。

佳作ぞろいのプーマのスニーカー群の中でも、ダントツのド定番。

ヒップホップカルチャーとの結びつきも強く、現在も、ビースティーボーイズのメンバーが愛用していることでも有名。

近年、復刻モデルを連発したり、大手セレクトショップでの取り扱いが増えたりで、露出が多くなっており、古豪復活の機運は高まっているように思うのだが、どうだろうか。

これまた佳作ぞろいのバンズの中でも、エラ、スリッポンと並んでのド定番スニーカー。

ブランドの特性上、スケーターの愛用者が多いが、ストリートにも当然、対応しまくりの実力派。

黒×白、紺×水色、赤×白、など、定番の配色に加え、ブロックチェック柄も人気。

くせのある丸っこいフォルムに、大きな「N」のマーク。
好き嫌いは分かれるが、一度ハマると抜け出せない、ニューバランスのド定番スニーカー。

尋常じゃない履き易さを生み出す綿密な構造と、2万越えの価格、生産国による細かな違い。上級者向け感が漂うが、ここ数年は日本全国、ニューバランスフィーバーが続いており、この勢いは、しばらく止まりそうも無いか。

高級感漂うレザーの質感が楽しめる大人のスニーカー、576の中でも、コードバンモデルは最重要マストアイテム。

デッカイ「N」マークが苦手な人は、小さい「N」に細めのフォルムの1500。
値段にビビってしまう方は、廉価版の574はいかがでしょう?

1998年に設立、と若いブランドではあるが、日本では90年代後半~00年代初頭の裏原ブーム(最近の若い子にはもう分からないらしい)に乗っかって、大大大ブレイク。

あの頃、ナイキのエアプレストと、このターマックを履いている人をどれだけ見掛けた事だろうか…。

多くの裏原ブランドが衰退していく中でも、スニーカーブランドとして確かな地位を築き、気付けばなっていました、ストリート系のド定番スニーカーです。

ローカット、ハイカット共に人気で、靴紐を色付きに変えて、クロップドパンツにリュックを背負って街を闊歩する若者たち多数。

その名の通り、元々はドイツ軍のトレーニング用シューズであったが、今や、どこのセレクトショップに行っても、猫も杓子もジャーマン状態の、ド定番スニーカー。

マルジェラが元ネタに使っているのも、業界的には大きいか。

色は、白、黒、茶などがほとんどで、特に白が定番中の定番。トレーニング用なだけあり、履き心地も良好で、コーディネートもし易く、「とりあえず履いときゃオシャレに見える感」がある。

関連リンク

ファッション好きなら知っておきたい『ハイテクスニーカーの名作』10選
http://matome.naver.jp/odai/2132883027264174301
子供っぽくならない<大人向けスニーカー>の定番まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133495277600090701
ミネトンカ、UGG、ビルケン……『お洒落なルームシューズ』10選
http://matome.naver.jp/odai/2132881715864121101
新・大学生のためのスーツ購入ガイド<男子編>
http://matome.naver.jp/odai/2133092372715220801?page=2

1





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

amemaaさん