1. まとめトップ
  2. おもしろ

お子様ランチ

東京ディズニーランドにある若い夫婦が来ました。ランド内のレストランで彼らはお子様ランチを注文したのです。もちろん、お子様ランチは9歳 以下とメニューにも書いてあります。子供のいないカップルにはマニュアルではお断りする種類のものです。当然、「恐れ入りますが、ここのメニ ューにも書いておりますが、お子様ランチはお子様用ですし、大人には少し物足りないかと思われますので・・・・・」というのがマニュアルです。

しかし、アルバイト(キャスト)の青年は、マニュアルから一歩踏み出して尋ねました。

「失礼ですが、お子様ランチは誰が食べられるのですか?」

「死んだ子供のために注文したくて」奥さんが答える。

「亡くなられた子供さんに」とキャストは絶句しました。

「私たち夫婦は子供がなかなか産まれませんでした。求め続けて求め続けてやっと待望の娘が産まれましたが、体が弱く一歳の誕生日を待たずに神 様のもとに召されたのです。私たち夫婦も泣いて過ごしました。子供の一周忌に、いつかは子供を連れて来ようと話していたディズニーランドに来 たのです。そしたらゲートのところで渡されたマップに、ここにお子様ランチがあると書いてあったので思い出に・・・・」 そう言って夫婦は目を伏せました。

キャストのアルバイトは「そうですか。では、どうぞ召し上がってください」と応じました。そして「ご家族の皆さま、どうぞこちらのほうに」と 四人席の家族テーブルに夫婦を移動させ、それから子供用のイスを一つ用意しました。そして「子供さんはこちらに」とまるで亡くなった子供が生 きているかのように小さなイスに導いたのです。しばらくして運ばれてきたのは三人分のお子様ランチでした。キャストは「ご家族でごゆっくりお 楽しみください」と挨拶して、その場を立ち去りました。若い夫婦は失なわれた子供との日々をかみしめながら、お子様ランチを食べました。

4人がけのテーブル

大きなミッキーのぬいぐるみを抱えてレストランに入ったとき、二人だったので本来なら二人がけのテーブルに案内されるだけなのですが、4人がけのテーブルに案内され、『ミッキーさんはこちらにどうぞ』とイスを引いて座らせてくれたそうです。

大切なキーホルダー

どこにでもいそうな3人の親子がいました。
しかし母親が事故でなくなってしまい、小さな女の子と父だけになってしまいました。

そこで父親が子どもを励まそうと、
一泊二日でディズニーランドにつれていっていったんです。

しかし全く女のこは元気になりません。それどころか
唯一お母さんにもらったピーターパンのキーホルダーをおとしてしまい、

よけい落ち込んでしまいました。

それをみたお父さんがキャストの方に相談し、閉園したあとさがしてもらいましたが
見つからなかったそうです。


そこでキャストの方のとった行動がとても感動てきでした。
その親子が泊っているホテルのドアの前にこう書いた手紙をおきました。

「君のキーホルダーは僕の宿敵フック船長が盗んでしまったんだ。
で、僕が取り返したんだけど・・・・。

君のお母さんがどうしてもそれを欲しいって言っててね、
今ティンクが君のお母さんに届けにいっちゃったんだ。

これがあればお母さんはいつでも君に逢いに来れるって!!
だから君も納得してくれるよね。

ピーターパンより」

といった内容でした。

これでその女の子は元気になったそうです。

地震対応

地震が起きたときウエスタンランドに居た
ちょうどパレード中だったがバレード車はすべて停止
ミニーさんや妖精の外人さんもパレード車から動けない状態(自分では降りられない仕様)だった

れるまでの数十分間ミニーさんや妖精さんは客に手を降り続けていた
とくに妖精さんはビルの2階くらいの高さの狭い足場に居て、本人も絶対恐いだろうに笑顔を絶やす事はなかった

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

地震後、余震も続き皆不安な面持ちでいるのを見て、
山本太郎似のキャストの人が皆に「おみやげに袋に隠れミッキーが隠れてますよ。探してみてください」
とか言って不安に怯える客のこころを紛らわそうそうとしてた。
その後も山本太郎は小さいこどもに話しかけたり、具合が悪い人が居たら言ってくれと言いながら歩き回っていた

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

発生から2時間くらい 少し雨が降ってきた
寒さに耐え続ける俺らにキャストがおみやげの袋を配りにきた
おみやげの袋?と思うかもしれないが、あるのと無いのじゃ大違い


さらに数十分後今度はゴミ袋が配られた。
このゴミ袋が実はかなり助かった。足に履くもよし切れ目を入れてポンチョみたいにするもよし。
みんな思い思いの格好で来てたけどちょっと異様な光景だった。


さらに数十分後今度はレインコートが配られた

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

6時くらいにようやくカントリーベアーシアターの安全確認がとれたとかで移動した

カントリーベアーシアターも当然、人でギュウギュウ。足の踏み場もなかった。
シャンデリアのには20代くらいのお調子者のキャストが居て
「僕はシャンデリアの妖精なんすよ。
これが落ちてきても僕がみんなを守りますよ!!」
とか言って笑いをとっていた。

こいつまた神で「アラジンの映画まじ神っすよ」とか「地震マジびびったー。キャストなのに笑」とか言って盛り上げてた。

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *

ずっと座ってても腰が痛くなるので22時くらいに散歩しようと外に出た。
人の少ないランド内を若者がたくさん散歩してた。

するとある女性スタッフが、
「今シーに人を案内しています。どうですか?」と話しかけてきた。
俺はシーに一回しか行ったことが無いから「行きます」と答えた。


ホーンテッドマンソンの横の「関係者専用」と書かれた大きな扉の前に並ばされた。
俺らが先頭でうしろに並んだ人たちも同年代くらいの元気な若者が多かった。

男性キャストが「これから皆さんをシーに案内します。
ここから先は写真撮影はご遠慮ください」
って言った。俺と連れは夢の国の裏側が見られるとドキドキしてしまった。


若い女性キャストが「では私についてきてくださーい!!(アトラクション調ww)」
って言って現実世界への扉がギギギと開いた。

しかし俺と連れは扉の外の光景に目を奪われた。
数百人ものスタッフが棒状のライトを持って通り道の両サイドに立っているのだ。


そこにはキャストの作り出した光の道があった。

会話の切り返し

ゲスト(ディズニーランドに訪れたお客さんのこと)が誤って、指輪をディズニーランドにある池の中に落としてしまいました。キャスト(ディズニーランドの従業員のこと)になくしたことを告げましたが、どうせ見つからないだろうと肩を落として帰ろうとしました。すると、キャストが近寄ってきて「見つかりました」と指輪を手渡しました。ゲストが「どうやって見つけたんですか?」と訊ねると、キャストはこう答えました。

「魔法の国ですから!」

ゴミ拾いをしているキャストに「何を拾ってるんですか?」と訊ねると、次のような答えが返ってくるようです。

「夢のかけらです」

ホーンテッドマンションは乗り物に乗り込むときも停止しません。ゆっくり動いている最中に乗り降りをすることで効率よくお客さんを回していきます。しかし、ときどき乗り物が停止することがあります。これは、高齢者や足の不自由なお客さんが安全に乗り降りするための配慮ですが、乗り物が停止するとこんなアナウンスが流れます。

「乗り物が止まってしまいごめんなさい。これも亡霊たちのいたずらの仕業です!」

ディズニーシーでは、ミッキーが水上バイクに乗っていることがあります。そこでキャストに「ミッキーはちゃんと免許を持っているのか」を訊ねました。すると返ってきた答えは、

「ここはミッキーの庭なので、免許がなくても乗れるんです」

食べていたポップコーンを落として道を汚してしまいました。そのことをキャストに告げると、

「気にしないでください。そのうちチップとデールが食べにくるでしょう。あいつらきっと喜びますよ」

足元の周辺にはどこの子どもがまき散らかしたのか、
ポップコーンが散乱していた。
キャストのお姉さんはそのポップコーンを丁寧にホウキでかき集めていた。
「足元申し訳ありません」足元を掃いてくれたので、
思わず「大変ですね」と声をかけた。

キャストのお姉さんはニッコリと笑ってこういいました。

「今、集めているのは皆さんの残念な気持ちなんです♪
これを一箇所に集めると実は園内で上がる花火の元になるんですよ!
ご存知でしたか?
このことを私たちはミッキーに教えてもらうんです。
だから私は皆さんに楽しんでいただく花火の元を拾っているので
全然、大変じゃないんですよ♪」

ベッドメイキング

1





皆さんの気になる情報を集めれるよう、がんばります。
「お気に入り」登録してもらえると、ヤル気がでます!
(σ`゚∀´)σ