1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Pinterestってなに!?

昨年後半~末にかけて「アメリカで(特にネットギークじゃない女性の間で)急速に普及している新興SNSがあるらしい!」(既にネット通の間ではお馴染みのInstagram以上の人気)と日本でも新しモノ好きの間で話題になったPinterest(ピンタレスト)。年が明け、日本でもいよいよパクリオマージュ系サービスが登場し出したようですが、さて日本でどこまで流行るかはともかくアメリカでは既に人気SNSの一つとして一定の地位を固めており、マーケティング利用を考えだしている企業も増えているとか。

Pinterestで何ができる?

●本や映画や音楽をお勧めする。
●好きな言葉を保存する
●自分が行った国、行きたい国のリストを作る
●自分がチェックする予定の本、映画、音楽のリストを作る
●欲しいものリストを作る―ガジェットでもインテリアでもファッションでも自分が興味のあるものなら何でも良い
●好きな食べ物のリストを作る
●ライフハックまたはオーガナイゼーション・ツールを使ってボードを作る
●ウェブにある最上のタイポグラフィ―やデザインのショーケースを作る
●ギフトのアイディア

ブックマークレットをクリックすると、そのページに挿入されている画像を自動でピックアップしてくれる。あとはお気に入りの画像をクリック選択して説明つけて共有するだけ。

管理人が作成した「りりちよ様」まとめw

こんな感じでオリジナル商品を紹介して、利益につなげている人もいるみたい。

UIも洗練されていて、使い勝手が良いと評判。

使い方いろいろ^^ これ日本で流行るかもしれないお(*´∀`*)

旅行やイベントを計画する: もしもあなたが、大きな旅がひかえているとか、イベントを計画しているのなら、Pinterestは準備の際にアイディアを集めるのに適した手段だ。もしあなたが旅を計画しているなら、Pinterestを使って、旅先で行きたい場所を保存したり、忘れ物をしないように持ち物リストを作ったりすることができる―旅の計画に入る全ての構成をPinterestで行うことができるのだ。もし家族旅行をするのなら、共同作業機能を使えば、計画のプロセスに全ての家族が参加できるようにすることができる。

自分の作品を展示する: あなたがデザイナーであるにしろ、写真家、ビジュアルアーティスト、もしくはライターであるとしても、Pinterestを使って自分の作品を展示して、未開発の超インタラクティブなオーディエンスに手を伸ばすことができる。自分の最高の作品を選び、自分を一流に見せるボードを作るのだ。ライターなら、自分が共有したい文章を最もよく反映していると感じるクリエイティブ・コモンズ画像を使うことができる。‘iPhonegrapher’なら、PinterestをiPhoneで撮った写真を直接自分のボードにアップロードする優れた手段として使うことができる。

死ぬまでにやりたいことのビジュアル・リストを作る: 行きたい国や都市を全て入れたボードを作ったなら、あなたはすでにバケツリストを始めていることになる。それを拡大して、死ぬ前にやりたいことの全てのリストを作ったらどうだろう?そのボードは、あなたが計画した全てのことを含んだ優れたビジュアル・リマインダーとして役立つだろう。リスト上のそれぞれの項目を達成した写真を載せた付属ボードを作ることだってできる。

ルックブックを作る: もしあなたがファッションを意識しているなら、Pinterestは、コレクションに追加したい洋服やアクセサリーなどの写真を集めて保存するのに適している。アイテムごともしくはスタイルごとにカテゴリー分けして、個別のボードを作ることもできる。もし衣装の入れ替えをする予定なら、そのためだけにボードを作ってもいいのだ。

オンラインショップを作る: Pinterest上のアイテムには値段を付けることができるため、このサイトをマーケットプレイスのようなものとして使うことができない訳がない。Pinterestを使って自分のハンドメイド品や自分の作品のデジタルコピーや印刷物などを売ることができる。すでに多くのEtsyユーザーが、自分達のオンラインストアをマーケティングする手段として、それをしているのを目にする。もしまだあなたがオンラインストアを持っていないのなら、Pinterestユーザーがあなたのアイテムを購入したい場合にどうすればいいのかを明確にしておくことだ。

チュートリアルを共有もしくは収集する: Pinterestでは動画も共有することができるため、自分のオンライン動画チュートリアルを新しいオーディエンスに共有する手段としてこのサイトを使うこともできる。もし独自のものをもっていないとしても、興味深いためになるチュートリアルを集めたボードは人気が出る運命にあるだろう。

レシピ本を作る: 自分のお気に入りのレシピを全て保存する場所を探しているって?美味しそうな食べ物の写真を共有できる機能があるPinterestはその役目にぴったりだ。それに加えて、自分の作った料理の写真を撮ってPinterestで共有してみたらどうだろうか?

ソーシャルメディア・マーケティング・キャンペーンを実施する:Pinterestの人気が高まるにつれて、多くのソーシャルマーケッターのツール兵器庫に追加されることは間違いない。これについてよく思わないサイトのハードコアなファンがたくさんいることは想像できるが、それにどうアプローチするかによって、極端に商売的と受け取られることなくPinterestをソーシャルメディアツールとして使うことができるのだ。Pinterestには膨大なオーディエンスがいる―このサイトは、12月のたったの1週間だけで1100万ビジットという圧倒的な数を獲得しているのだ。それは、手を伸ばしておきたいほどに膨大なオーディエンスである。

まとめ引用サイト

1