1. まとめトップ

「絶望しきって死ぬために、今を熱狂的に生きろ」 →見城徹&藤田晋 憂鬱でなければ仕事じゃないの続編

「絶望しきって死ぬために、今を熱狂的に生きろ」変な日本語だな。意味が分からん。「悔いを残さず死ぬために、今を熱狂的に生きろ」じゃないの?

更新日: 2012年02月10日

10 お気に入り 7510 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

絶望しきって死ぬのは幸せなことだと思う。

死んでも死にきれません

やり残したことがあったり、全力を出し切れなかったり、中途半端に気が散って
いたとしたら、悔いを残すと同時に、望みも残して諦めもつかず、死んでも死にきれません。

本当の絶望とは何か

キルケゴール「絶望してなお自分自身であろうとすること」

アンチ・クリマクス=キルケゴールは、「絶望してなお自分自身であろうとすること」について、「存在の根拠の発見」ということで述べた。だが、それは可能なのだろうか。人はどこに自分の存在の根拠を見出すことができるのだろうか。

「死に至る病とは絶望のことである」

「死に至る病とは絶望のことである」といい、現実世界でどのような可能性や理想を追求しようと<死>によってもたらされる絶望を回避できないと考え、そして神による救済の可能性のみが信じられるとした。これは従来のキリスト教の、信じることによって救われるという信仰とは異質であり、また世界や歴史全体を記述しようとしたヘーゲル哲学に対し、人間の生にはそれぞれ世界や歴史には還元できない固有の本質があるという見方を示したことが画期的であった。

絶望とは死に至る病、人間そのもの 神による救済 信仰しかない

「死に至る病」とは絶望のことである。憂愁孤独の哲学者キェルケゴール(1813‐55)は、絶望におちいった人間の心理を奥ふかいひだにまで分けいって考察する。読者はここに人間精神の柔軟な探索者、無類の人間通の手を感じるであろう。後にくる実存哲学への道をひらいた歴史的著作でもある。

「絶望して、自己自身であろうと欲しない絶望」と「絶望して、自己自身であろうと欲する絶望」

キルケゴールは『死にいたる病』のなかで、絶望をそれを自覚している場合とそうでない場合を区別した上で、前者をさらに「絶望して、自己自身であろうと欲しない絶望」と「絶望して、自己自身であろうと欲する絶望」の2つに分類しています。前者の絶望は絶望者を大多数の人たちと同じように生きることへと向かわせます。そして後者の絶望は絶望者を無限の自己超克へと駆り立てます。

絶望は短所であると同時に長所でもある。「この病(絶望)にかかりうるという可能性が、人間が動物よりも優れている長所なのである」

絶望は短所であると同時に長所でもある。「この病(絶望)にかかりうるという可能性が、人間が動物よりも優れている長所なのである」 
我々は普段の生活のなかで、様々な形で絶望する。近しい人の死であったり、目標の挫折であったり、その理由は様々であるが、これらは自己との関係を不均衡にさせる。絶望という心理状態に人が陥るのは、このように自己への関係がバランスをとれなくなったときであり、さらに自己との不均衡とはつまり他者との不均衡である。

絶望は 「人間自身のうちにひそむこと」である。

絶望はなにか外的な事件によって己の身にふりかかるものではなく、「人間自身のうちにひそむこと」である。「それなら、絶望はどこからくるのか。総合がそれ自身に関係するその関係からくるのである。 そして、この関係が精神であり自己であるというところに、そこに責任があるのであって、あらゆる絶望はこの責任の下にある」

絶望する自由、希望する自由

死んだ奴が墓から起きてきて言うなら説得力もあろう。

成功者の説教って恐ろしいほど心に響かないよね。w
本当の絶望とは、誰にも期待もされなければ歓迎もされない事だとは
こういう思い上がり野郎には一生分からない。

今流行りのステルスマーケティングの会社か

気付くと藤田晋さんの本ばかりに目がいく。藤田晋ブーム到来!

ステマ請負業か

平均年齢: 29.4歳
平均勤続年数: 3.8年

は、早い。絶望が。絶望するのが

サイバーエージェント社長/藤田晋氏の言葉 久しぶりに衝撃でした、

ステマで株価暴落、、やばいので芸能事務所に責任をおっかぶせて逃亡して
芸能事務所から反発を受けてる(現在オオモメ)アメーバブログさん!
ちなみにここのブログでちょっといい加減なことをかくと警告を食らって
削除されますww言論の自由をまもりたかったらアメーバーはやめときましょう
あそこはあくまで有名人をつかってアクセスを稼ぎステマで稼ぐための
ブログです

◆高い目標を設定したとき、難題を抱えたとき「答えは必ずある」、そう思い込むことがとても大切です。 答えがあることは決定している。しかし、そこに至る方法がまだ見つかってないだけ。 自分の心に逃げ場を作ってはいけない。 【藤田晋/サイバーエージェント代表】

1 2

関連まとめ