1. まとめトップ

Record of the Year

Album of the Year

Album of the year 【受賞】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Song of the Year

他に、
◯The CaveーTed Dwane, Ben Lovett, Marcus Mumford & Country Winston, songwriters

◯GrenadeーBrody Brown, Claude Kelly, Philip Lawrence, Ari Levine, Bruno Mars & Andrew Wyatt, songwriters

◯HoloceneーJustin Vernon, songwriter

◯Rolling in the DeepーAdele Adkins & Paul Epworth, songwriters【受賞】

もノミネートされてますが、Record of the Yearにあるので、省きます。

Best New Artist

The Band Perryとは、カントリーを中心にカントリーポップやコンテンポラリーカントリーなどの曲が多く、姉がヴォーカルで弟達がバックコーラスの兄弟カントリートリオです。

その透明感のあるヴォーカルと3人の息の合ったハーモニー、そして心の琴線に触れる美しいメロディと切なくも詩的でメッセージ性のある奥深いリリックに、全米のティーンが大注目しているようです!現在米ビルボード、カントリー・シングル曲部門では第14位となっていますが、ビルボードチャートでも今後大躍進してくるのは間違いない人気振りをみせています。ちなみにデビュー・アルバムのプロデューサーはテイラー・スウィフトのプロデューサーとしてお馴染みネイサン・チャップマン(Nathan Chapman)!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ボン・イヴェール (Bon Iver)とは、アメリカ合衆国のフォーク・ロックバンドである。
2006年に、フォーク・シンガーソングライターのジャスティン・バーノンを中心に結成。

2008年2月19日、デビューアルバム『For Emma, Forever Ago』をリリースし、全米ビルボード200にて初登場64位を記録。累計販売も13万枚以上を突破している。また、全米以外の国でも大きな成功を収めており、イギリス、オーストラリア、デンマークの3ヶ国において、でそれぞれゴールド・ディスクを獲得した。
2011年6月21日、自身の名を冠した2ndアルバム『Bon Iver』をリリースし、全米ビルボード200にて、前作を大幅に上回る初登場2位を記録。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジャーメイン・ラマー・コール (Jermaine Lamarr Cole) とは、アメリカ合衆国, ノースキャロライナ州, ファイエットビル出身のラッパーである。1985年1月28日生まれ。現在は、ラッパー、音楽プロデューサーのJ・コール(ジェイ・コール)として活動している。


1985年にドイツのフランクフルトで生まれ、わずか8ヶ月後にアメリカのノースキャロライナ州, ファイエットビルへ移住。幼い頃に父親が彼の元を去ったため、母子家庭で育つ。14歳の頃から本格的にラップ活動を行うようになった彼は、その後、ジェイ・Zが2008年に創設したレーベル「Roc Nation」の第一弾アーティストとして契約を結び、大きな話題を呼ぶことになる[1]。長らく正式なデビューアルバムをリリースできない時期が続いたが、その期間もコンスタントにミックステープをリリースし、徐々に人気を高めていく。そして、ようやく2011年9月27日にデビューアルバム『Cole World: The Sideline Story』が発売を迎えた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オニーカ・タニア・マラージ[3](Onika Tanya Maraj、1984年12月8日 - )[1][2]はニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)の芸名で知られるアメリカ合衆国のラッパー、R&Bシンガーソングライターである[4]。2009年8月にユニバーサル・モータウンのヤング・マネー・エンターテインメントと契約した[5]。彼女は初期の経歴で、3つのミックステープ『プレイタイム・イズ・オーバー』『スッカ・フリー』『ビーム・ミー・アップ・スコッティ』を発売した[6][7]。ミックステープ発売後、アメリカのラッパー仲間リル・ウェインに見出され、ヤング・マネー・エンターテインメントと契約した[8]。
契約後、彼女はデビューアルバムの制作を開始し、それは『ピンク・フライデー』で付けられ2010年に発売された。アルバムはBillboard 200で初登場2位を記録した[9]。アルバムはアメリカでプラチナ認定を受けた[10]。彼女はBillboard Hot 100で、自身が参加した7曲が同時にチャート入りするという記録を持っている[11]。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1 2





適当にまとめます。