1. まとめトップ
  2. 雑学

日本人が発明したスゴイものまとめ

主に20世紀に日本人が発案・発明したモノのまとめです。こんなにたくさんあるんですね。偉大な先達たちに頭が下がります。

更新日: 2012年02月12日

158 お気に入り 421395 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

科学

乾電池が発明されるまで電池には電解液の補充が必要であり、電極も時々清掃をしないと発電能力が低下してしまう。

このような小型湿電池の性能に不満を抱いた日本の時計技師屋井先蔵が、より取り扱いが簡素でまた日本の寒冷地でも使用可能な時計用小型一次電池「屋井式乾電池」を発明。後世の歴史研究により、1887年以前に乾電池が発明された形跡が無い事から屋井の乾電池が世界初であると認められた。

エサキダイオードは量子トンネル効果という特殊な現象を利用して働く素子。江崎玲於奈氏が東京通信工業(現ソニー)勤務時代の1957年に発明、ラジオの部品にも一時使われた。

佐川眞人『ネオジウム磁石』
1982年。ちなみにKS鋼、MK鋼、フェライト磁石、マンガンアルミ磁石も日本人の発明。
ハードディスクドライブやCDプレーヤー、携帯電話などの小型の製品から、果ては電車・ハイブリッドカー・エレベーター駆動用の永久磁石同期電動機の界磁にまで使用される。

2001年8月、中村修二(現・カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)が職務上で1993年11月に発明した(特許法上、職務発明という)「404特許」を巡って元勤務先の日亜化学工業を提訴し、同特許の原告への帰属権確認ないし譲渡対価を巡って係争した(青色LED訴訟)。

1950年10月28日に東京大学医学部附属病院分院の副手だった宇治達郎とオリンパス光学工業(現・オリンパス)の杉浦睦夫、深海正治が、きわめて小さなカメラ本体及び光源(超小型電球)を軟性管の先端に取り付けた「ガストロカメラGT-I」を完成させた。

通信

西澤潤一『光ファイバー』

>1964年、西澤潤一、佐々木市右衛門は、ガラスファイバーのコア内の屈折率を中心から周辺に向かって連続的に低くなるように変化させ、入射角の異なる光をファイバー内で収束させる自己集束型光ファイバーの概念を特許出願により提案し、自己集束型光ファイバーによる光通信の可能性について言及した。

1928年に八木・宇田の連名で論文が出された。しかし国内外の特許出願が八木の単独名で出されたため、日本国外の人々には“Yagi antenna”として知られることとなる。

マイクロプロセッサは日本人の発明ってことでいいんじゃないの。
実際に作ったのはインテルだけど発注したのは日本のビジコンという会社 。

>1971年、ストアードプログラム式電卓(ビジコン141-PF)の開発の過程でインテルと共に世界初の1チップマイクロプロセッサであるIntel 4004を開発している。

食べ物

日清食品・安藤百福『インスタントラーメン』
みんな知ってるチキンラーメン。1958年。

>チキンラーメンの開発は、安藤が大阪府池田市の自宅の敷地内に作業小屋を建て、試行錯誤の末に生まれた。ある日、安藤家の夕食の主菜だった天ぷらの調理法を見て受けた印象や食感をヒントに、「油の熱で乾かす」瞬間油熱乾燥法を思いつき採用した。

大塚食品『レトルトカレー』
初めて発売されたのは「ボンカレー」。1968年。
TVCM「3分間待つのだぞ」は流行語にもなった。

カトウ・サトリ『インスタントコーヒー』
緑茶をインスタント化する過程で発明。「ソリュブルコーヒー」として発表された。1901年。
この特許を利用して大きく成功を収めたのがスイスのネスレ。

日用品その他

高柳 健次郎『ブラウン管テレビ』。
ブラウン管テレビの生みの親。初めてうつったのは「イ」の文字。1926年。
2012年に日本のテレビは完全デジタル化して今は使われていない。

TOTOは1960年代に米国からの輸入によって温水洗浄便座(ウォッシュエアシート)の販売を行っていた。主に病院向けに医療用や福祉施設用に導入されていたものである。1969年にはこれを国産化したが当時は販売価格も高く、なおかつ温水の温度が安定しないために火傷を負う利用者もいた。

シャーペンは江戸時代にイギリスで特許が出されている。
ステンレス製の実用的なシャーペン作ったのは早川金属工業。
シャープペンシルって名前で売り出してそれがシャープって社名になった。

井上大佑『カラオケ』
空オーケストラの略。1971年。
当初は5分で100円だったとか。

>カラオケのカラは「空」、オケは「オーケストラ」の略で、楽団・楽隊による生演奏ではなく、レコードやテープでで代用することを指し、放送業界で用いられている。一説にはNHK交響楽団員らの雑談から出た言葉という。

立石電機(現・オムロン株式会社)『自動改札機』
プロジェクトXでも取り上げられている。1967年。

ソニー株式会社『コンパクトディスク(CD)』
フィリップスエレクトロニクス社と共同開発。

日本ビクター(現・JVCケンウッド)『VHS』
地デジ化で消えちゃったもののひとつ。ソニーのベータマックスと規格争いの末生き残った。1975年。

他にも…

● オートフォーカス
● 青色LED。CD(ソニー)
● CD-R(太陽誘電
● CVCC(本田シビックに最初に搭載された物凄く環境を考えたエンジン)
● デジカメ
● DVD(松下)
● エレキギター
● ファックス
● フラッシュメモリー
● ハイブリッドエンジン
● アイスノン
● インテル4004(世界初のCPU。設計者が日本人)
● ラップトップコンピューター(東芝が開発した膝に乗るパソコン)
● LSI
● MD
● ニュートリノ
● プラズマ・ディスプレイ(日立)
● ロータリーエンジン
● SACD(普通のCDより高画質)
● テトラポッド
● ウォークマン(ソニー)
● ワープロ(東芝)
● アルミパック食品
● 改良胃カメラ
● 液晶ディスプレイやモニター(シャープ)
● つり銭の出る自動販売機
● 書いた字が消せるボールペン
● カードシステム
● カッターナイフ
● 缶コーヒー
● 乾燥粉末アルコール(これによってインスタントラーメンとかに入っている風味調味料が可能に)
● 魚群探知機
● グルタミン酸ナトリウム(味の素)
● 新幹線
● 光造形技術(原理の発明は日本人。特許未請求)
● サッカーボール
● 自動車用エアバック
● 養殖真珠
● 水晶発振のクォーツ時計
● 水力発電
● ステルス機の電波吸収剤(TDK)
● 洗濯機の屑取り
● 世界最薄避妊サック
● 世界初のLSIコンピューター(富士通)
● 全身麻酔薬
● ソーラーシステム
● 炭素繊維
● 地下街
● 超鉄鋼
● 炭ソ菌予防ワクチン
● 中間子理論
● 旗を持ってのツアーガイド
● 使い捨てカメラ
● 電気自動車
● 電気炊飯器
● 電子ライター
● 誘導性ポリマー
● 電波時計
● トレハロース
● 温水洗浄便座(TOTO)
● 同時送受無線電話機
● ドライビール(ASAHI)
● バイキング
● 破傷風・ジフテリア血清治療
● ビタミンの発見
● パソコンの圧縮ソフトのアルゴリズム開発
● 病院にMRI検査機
● RPG
● フェアリードール
● フロッピーディスク
● 光ファイバー(基本構造の発明は日本人、量産化は米国コーニング社)
● ヘッドカバー
● 防犯セキュリティーのための警備システム(SECOM)
● 文字変換システム
● 焼肉用無煙ロータリー
● 人工心臓
● 留守番電話

などなど。かなりいっぱいありますね。

1