1. まとめトップ

意外に知らない秋元康プロデュースでブレイクしなかったアイドル

意外に知らない秋元康がプロデュースしたアイドルたちをまとめました。けっこういますよ

更新日: 2017年01月03日

3 お気に入り 203513 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

do_mintoaさん

おニャン子クラブやAKB48だけじゃない秋元康のプロデュースしてきたアイドルたちです。それなりに失敗もしてきたってことがよくわかります。

▼少女隊(1984~1989年)

1983年にオーディションでミホ、レイコ、チーコの3人が選ばれ、少女隊結成。翌年の1984年8月28日に「FOREVER〜ギンガムチェックstory〜」でデビューする。そのプロモーションには総額30億円(一般的には40億円)をかけたとも言われた。キャッチコピーは「胸騒ぎ、ザワ、ザワ、ザワ」であった。

▼息っ子クラブ(1986~1987年)

バラエティ番組である『夕やけニャンニャン』にてオーディションを行い、おニャン子クラブの男性版グループが結成

奥田民生が男版おニャン子クラブこと息っ子クラブのオーディションを受けていた

▼幕末塾(1988~不明)

グルメレポーターの彦摩呂が在籍していたグループ。
↓の写真でどれが彦摩呂かわかりますか?

▼ねずみっ子クラブ(1993年)

ねずみっ子クラブは、日本テレビ『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』内で結成された女性アイドルユニット。同番組のゴングショーのコーナーの1つ「セクシー小学生コンテスト」の出場者の中から、メンバーが選抜された。

▼チェキッ娘(1998~1999年)

おニャン子クラブの仕掛け人である秋元康が、セガの社外取締役として、ドリームキャストの広告戦略を任される。総額100億円とも言われるドリームキャスト広告費に目をつけた水口は、自らの「平成のおニャン子クラブ」構想を、ドリームキャストPR用の企画として実現できないかと、秋元と交渉し、同意を得る。かくして、ドリームキャスト提供、秋元康事務所協力の下、夕方バラエティー番組「DAIBAッテキ!!」が1998年10月5日より放送開始

小嶋陽菜はノースリーブスのHP内で影響を受けたアーティスト(アイドル)にSPEED、チェキッ娘、EARTHを挙げている。

熊切あさ美のチェキッ娘とは: 片岡愛之助との恋愛をめぐるゴタゴタで一躍時の人となっている女優の熊切あさ美は、かつてチェキッ娘に所属するアイドルでした。しかし、チェキッ娘の知名度は今ひとつといったところです。なぜチェキッ娘... bit.ly/1gYKQHv

チェキッ娘って今で言うアイドリングだからなー。 アイドリングはまだ成功してるのに・・・

1 2