1. まとめトップ
69 お気に入り 425735 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gaccyonnさん

※随時更新中 非売品、未発売、派生技術も含みます。
上から発売順 2018年7月現在
番外編もあります。

LEON・LOLA

発売日:2004年1月15–18日(NAMM 2004 Winterにてリリース)
    2004年3月3日(日本)

価格:オープン価格

発売元:ZERO-G

言語:英語ライブラリ

音声提供者・サンプリング元:未発表

得意な曲のテンポ:-

得意な音域:-

LEON並びにLOLAは、VOCALOIDエンジンを搭載した世界初の製品。
LEONは男声でLOLAは女声。
音声提供者は明らかにされていない。
その理由については、VOCALOIDの値段がコーラスに歌手を雇うよりはるかに安くそれらの脅威となる懸念が影響したのではないかとも言われる。
製品名のロゴでは男性女性を表す学術記号(♂と♀)がそれぞれのアルファベット「O」の部分に当てられている(LE♂N・L♀LA)。
VOCALOID界のアダムとイヴとも呼ばれる。
2013年12月末をもって販売が停止された。

MIRIAM

発売日:2004年7月1日
    2004年7月26日(日本)

価格:オープン価格

発売元:ZERO-G

言語:英語ライブラリ

音声提供者・サンプリング元:ミリアム・ストックリー

得意な曲のテンポ:-

得意な音域:-

MIRIAMは、VOCALOIエンジンを搭載した女声VOCALOID。
アディエマスのボーカルであるミリアム・ストックリーがモデルであり、音声ライブラリもパッケージ絵も彼女のものである。
初期の英語のVOCALOIDということもあり、知名度は極端に低い。
2013年12月末をもって販売が停止された。

MEIKO

発売日:2004年11月5日

価格:オープン価格

発売元:クリプトン・フューチャー・メディア

言語:日本語ライブラリ

音声提供者・サンプリング元:拝郷メイコ

得意な曲のテンポ:-

得意な音域:-

MEIKOは、VOCALOIDエンジンを搭載した女声VOCALOID。
VOCALOID日本語ライブラリの第1弾。
1000本売れればヒットとされるバーチャルイスントゥルメント市場で初年度で約3000本を売り上げ、発売当時におけるDTM市場では異例のヒット商品となった。

KAITO

発売日:2006年2月17日

価格:オープン価格

発売元:クリプトン・フューチャー・メディア

言語:日本語ライブラリ

音声提供者・サンプリング元:風雅なおと

得意な曲のテンポ:-

得意な音域:-

KAITOは、VOCALOIDエンジンを搭載した男声VOCALOID。
VOCALOID日本語ライブラリの第2弾。
発売当時はMEIKOの3000本に対しKAITOは500本しか売れなかった。
しかし、初音ミクを使用した動画が次々と動画投稿サイトニコニコ動画へ投稿されて人気を集めるようになるとKAITOを使用した動画も投稿されるようになり、貴重な男声VOCALOIDだったこともあって2007年末以降は大きく売り上げを伸ばした。

SweetAnn

発売日:2007年6月29日
    2007年9月21日(日本)

価格:オープン価格

発売元:PowerFX

言語:英語ライブラリ

音声提供者・サンプリング元:ジョディ(オーストラリアの歌手)

得意な曲のテンポ:-

得意な音域:-

SweetAnnは、VOCALOID2エンジンを搭載した女声VOCALOID。
VOCALOID2エンジンを搭載した最初の製品でもある。
フランケンシュタインをイメージしたパッケージ絵であるが、パッケージ絵から想像されるものより遙かに美声である。

初音ミク

発売日:2007年8月31日発売

価格:オープン価格

発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

言語:日本語ライブラリ

音声提供者・サンプリング元:藤田咲

得意な曲のテンポ:70-150BPM

得意な音域:A3-E5

初音ミクは、VOCALOID2エンジンを搭載した女声VOCALOID。
「キャラクター・ボーカル・シリーズ」第1弾。おそらく最も有名なVOCALOID。
名前の由来は、未来から初めての音がやって来るという意味で、「初めての音」から「初音」、「未来」から「ミク」となった。
新エンジンの採用、キャラクターの人気などにより発売から約一年後の2008年9月までに累計で約4万2000本を売り上げる大ヒット商品となった。
キャラクターとしての人気の高さからゲームソフトやキャラクターフィギュアなど企業の企画からなる関連商品も多数発売されている。
2008年にはグッドデザイン賞を受賞。

鏡音リン・レン

発売日:2007年12月27日

価格:オープン価格

発売元:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

言語:日本語ライブラリ

音声提供者・サンプリング元:下田麻美

得意な曲のテンポ:鏡音リン85~175BPM、鏡音レンF#3~C#5

得意な音域:鏡音リン70~160BPM、鏡音レンD3~C#5

鏡音リン・レンはVOCALOID2エンジンを搭載した女声・男声VOCALOID。
「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第2弾。女声の鏡音リンと男声の鏡音レン、2つ併せて一つの製品としている。
2008年7月までに約2万を出荷し、初音ミクには及ばないもののDTMソフトとしては大きな売り上げを記録している。

1 2 3 4 5 ... 15 16