1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

オバマ前大統領とミシェル夫人のそれぞれの回顧録を世界中で出版する権利を獲得した。英紙フィナンシャル・タイムズ電子版が報じた。同紙は2冊合わせて契約額が6500万ドル(約73億円)を超えるとし、米大統領の回顧録としては過去最高という。
 クリントン元大統領の回顧録「マイライフ」の版権は1500万ドル、ブッシュ元大統領(子)の回想録「決断のとき」は1千万ドルだった。
 オバマ夫妻の本の出版時期や内容は明らかにされていない。米CNNテレビによると、夫妻は出版による収益の多くを慈善事業に寄付する考え。

オバマ米大統領が前任者の轍を踏もうとしている。8月8日から米軍はイラク北部で勢力を広げるイスラム過激派「イスラム国」に対する空爆を開始したが、早くも泥沼に嵌まった。

 敢然とオバマ批判を展開したのが、ヒラリー・クリントン氏だ。10日に発表された米誌のインタビューで、「中東での過激派の台頭は、権力の空白を作ったオバマ氏の中東政策に原因がある」と指摘。

 さらに「オバマ氏が掲げる“ばかげたことをしない外交”というキャッチフレーズは、大国が持つべき体系化された方針ではない」と一刀両断した。

「オバマ氏の支持率が過去最低の30%台に落ち込む中、2年後の大統領選出馬に意欲を見せるヒラリー氏がオバマ氏と距離を置こうとしている。

バマ大統領の慰安婦発言について「韓国側であまりに過大解釈するな」と警告した

日本軍慰安婦被害を「戦時であることを考えても衝撃的な性暴力」と表現した。オバマ大統領が慰安婦問題を「戦時性暴力」と規定したのは今回が初めて。

当初、共同記者会見の冒頭発言には、韓日歴史葛藤に関する内容が全くなかった。しかし「日本指導者の歴史認識についてどう思うか」という記者の質問に対し、オバマ大統領は「日本国民と安倍首相も過去が正直に認識されるべきだという点を理解していると考える」と答えた。特にオバマ大統領は質問で言及されていない慰安婦問題を先に持ち出し、「甚だしい人権侵害だ」と述べた。

安倍晋三首相は23日夜、東京・銀座のすし店「すきやばし次郎」でオバマ米大統領と非公式に会食した。同店は飲食店の格付け本「ミシュランガイド」で高評価を得ている有名店。首相によると、大統領は「ハワイ生まれですしは随分食べてきたが、人生で一番おいしいすしだ」と喜んだ。
 会食には、両首脳ともノーネクタイで臨んだ。店の前で出迎えた首相に、大統領が「シンゾー」と声を掛けると、首相は英語で「ハウ・アー・ユー? 」と応じ、握手を交わした。
 会食は1時間半に及んだ。日本側は佐々江賢一郎駐米大使と谷内正太郎国家安全保障局長、米側はケネディ駐日大使とライス大統領補佐官が同席した。

安倍晋三首相と来日中のオバマ米大統領は24日午前に会談し、アジアの安定に日米同盟が果たす役割の重要性を確認した。オバマ大統領は尖閣諸島(中国名:釣魚島)が日米安全保障条約の適用対象であることを明言、日本が進める集団的自衛権の行使容認の動きを支持するなど、安倍政権にとって実りの多い会談となった。

一方で、オバマ大統領は日中の領土問題に対する立場を明確にせず、中国に配慮する姿勢もみせた。難航している環太平洋連携協定(TPP)の日米交渉については、閣僚協議を継続することとした。

1) 「オバマケア」とよばれる新しい医療保険制度について嘘をついたこと、
(2) 国家安全保障局を使って国民の電話や通信を傍受したこと、
(3) 連邦税務局を使って保守グループの活動を妨害したこと

などを議会が調査するべきだと主張している。

 そんな大統領が国賓として日本を訪れ、首脳会談の最大課題がTPPと聞いて、友人の政治評論家はこう言った。

 「TPPについては、与党民主党の労働組合系議員のほぼ全員が反対していて議会を通りそうもない。

だが、日本を訪問して米国の要求を通したということになれば、自由貿易政策を成功させたとして、オバマ氏が政治的点数をかせぐことができるのは確か」

 オバマ氏に対しては、

「外交上のかけひきがうまい」

という定評がある。

TPPの首脳会談次第では、安倍首相が市場開放をはばむ自由貿易の敵にされてしまう懸念が十分にある。

安倍晋三首相の靖国神社参拝に伴い「オバマ政権にとって最も深刻な安全保障上の危機」をアジアで日本が引き起こす可能性に警鐘を鳴らす論説記事を掲載した。

 オバマ大統領の4月訪日にも言及。「危機の予防が大きな位置を占めることになる」として、訪日の課題になると指摘した。

 論説は靖国参拝で、(1)中韓両国と日本が関係を改善する可能性が消滅した(2)日米関係も損なわれた(3)安倍政権への敵意に加え、オバマ氏と安倍氏の間には溝があるとの認識から中国の指導者が力の行使を試みる可能性が出てきた-と分析している。

オバマ米大統領は全米朝食祈祷(きとう)会で、宗教の自由が脅威にさらされていると述べ、北朝鮮とイランで拘束されている米国人キリスト教徒2人の苦境に言及した。

 政策担当者や多くの宗教指導者を集めた年次集会の演説で、オバマ大統領は「世界的に宗教の自由が脅威にさらされている」ことが明白だと述べた。米国は、米国の宗教的寛容基準に従わない国とも協力していると話し、中国を例に挙げた。そして米国と中国の関係が世界にとって重要だとしながらも、中国指導部との会談では、キリスト教やチベット仏教などそれぞれの信者の普遍的な権利を支持する必要性を強調していると述べた。

最低賃金を新規契約より時給7.25ドル(約750円)から10.10ドル(約1000円)に引き上げるために自らの権限を利用することを約束

社会格差の是正に向け中間層の底上げに注力する姿勢を鮮明にする。大統領令など、与野党が激しく対立する議会を通さず自らの権限で実行できる政策を総動員する。

南アフリカで10日行われたマンデラ元大統領の追悼式で、参列した キューバのラウル・カストロ国家評議会議長とオバマ米大統領による 握手が実現、キューバでは政府系サイトが大きく画像を掲載し「この 写真が、米国のキューバに対する敵対行為の終わりの始まりになるよう 願う」と直後に論評した。 関係改善のきっかけになることへの期待が膨らんでいる。 米国とキューバが外交関係を断絶した1961年以降、両国首脳が あいさつを交わすのは2000年に続いて2度目となるが、公の場では 初めて。 00年、ニューヨークでの国連ミレニアム・サミットでは、ラウル氏の兄フィデル ・カストロ議長とクリントン大統領(いずれも当時)が鉢合わせしたことがある。 ◇歴史的握手のシーン(オバマ氏、カストロ氏)

若い時の自身を喫煙家と表現している。
 2008年の大統領選の時から、オバマ氏の喫煙癖や禁煙努力は米メディアの格好のネタとされてきた。
 大統領就任1年目、オバマ大統領はほぼ「95%」禁煙できているとしながらも、しばしばたばこに「つい手をだしてしまう」時もあると認めている。
 2010年12月、当時のロバート・ギブズ(Robert Gibbs)大統領報道官は、職務のストレスにも関わらずオバマ大統領は9か月たばこを吸っておらず、断固として禁煙の努力を続けていると発表している。
 一方、米国民の健康促進活動を率先するミシェル夫人は、夫の喫煙に対する嫌悪を公然と口にしている。だがオバマ大統領も2人の娘の前では一度もたばこを吸ったことはないという。
 2011年2月、ミシェル夫人は、オバマ大統領は1年間たばこを吸っておらず、喫煙に関して夫を責めたことはないとし、「人が正しい努力をしているときに、ちょっかいを出すべきではないでしょう」と語っている。

米国は、核兵器国として、そして核兵器を使ったことがある唯一の核兵器国として、行動する道義的責任がある。米国だけではうまくいかないが、米国は指導的役割を果たすことができる。

 今日、私は核兵器のない世界の平和と安全保障を追求するという米国の約束を、明確に、かつ確信をもって表明する。この目標は、すぐに到達できるものではない。おそらく私が生きている間にはできないだろう。忍耐とねばり強さが必要だ。しかし我々は今、世界は変わることができないと我々に語りかける声を無視しなければならない。

非難. 【ワシントン共同】オバマ米大統領は1日、ホワイトハウスで声明を発表し、下院共和党の強硬派が「イデオロギー的な反対運動で政府を閉鎖した」と述べ、医療保険制度改革の延期に固執して暫定予算成立を阻んだことを非難した。 大統領は医療保険改革を予定通り ...

英国で社会調査を行う「YouGov」は、シリア問題解決においてどの国の首脳が最も効果的に行動しているか、について、米国の一般市民たちの意識を調べた。

その結果は大変印象深いものとなり、回答者の44%がウラジーミル・プーチン大統領の名前を挙げた。バラク・オバマ大統領はたった25%だった。

またシリアのバシャル・アサド大統領は9%、国連のパン・ギ・ムン事務総長は7%、英国のデイヴィッド・キャメロン首相は6%、フランスのフランソワ・オランド大統領は4%だった。

回答者の58%がシリアへの武力介入に反対しており、賛成はたった26%に過ぎなかった。積極的に武力行使を唱えるのは6%だった。

オバマ米大統領は、24日に国連総会で行った一般討論演説で、米国の中東への関与継続を強調した。しかし、その演説内容は、米外交政策の2つの大きな流れが、むしろ置き去りになっている実態を浮き彫りにした。

まず、中東への関与を継続する必要性を訴えたものの、実際の行動は真逆であることが今では誰の目にも明らかになっている。オバマ大統領はことあるごとに、この言行不一致を露呈させてきた。国内有権者の支持が得られず、シリア軍事介入の先送りを決断したのは記憶に新しい。先にロシアのサンクトペテルブルクで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議は不調に終わり、中心的な役割を果たす国が不在の「Gゼロ」世界では、「リーダーシップの真空状態」がすでに現実であることが痛いほど伝わった。米国が中東で果たせる役割はますます小さくなっている。

アメリカの権威が落ちたということは言えるかもしれません。大使館を閉鎖されては、接受国としては、その間、アメリカは頼れないという印象を持つことは避けがたいでしょう。

 中国国内の民主化運動に対するオバマ政権の態度にも、歴代政権とは全く異質なものが感じられます。かつては、アメリカは、中国の人権弾圧を断固許さないとの態度を取り、中国側も、首脳会談ごとに民主運動家を一時釈放したりする妥協や譲歩を示してきました。しかし、最近の中国の態度は、民主運動の弾圧に際して傍若無人であり、オバマ政権もまたそれを咎めていません。この論説も言うとおり、スノーデンの扱いでも、全くアメリカに遠慮していません。これらは、中国の国力が増大したからというよりも、オバマ政権の弱腰が主な原因であると見るべきでしょう。

1 2 3