出典 labs.cybozu.co.jp

風船おじさん

1992年11月23日、琵琶湖湖畔を20個のヘリュウム風船をつけたゴンドラ「ファンタジー号」 に乗って大空へ旅立った「風船おじさん」 このゴンドラは横2m縦70cmのヒノキ風呂を改造 したもので、携帯電話、酒、酸素ボンベ、食料一週間分などを積んでいた。
当時NHKを除くすべてのマスコミ、新聞もテレビも大騒ぎしたことがあった。
彼の最後の姿が 見られたのは2日後の11月25日。アメリカに向かったはずだが、何故か宮城県上空で海上保安庁の航空機に確認されている。ということなので、2日間は確実に生きていたことになる。
しかし、その後、それっきり風船おじさんは行方不明となった。

この情報が含まれているまとめはこちら

不可解な事件、いまだに謎が残る事件のまとめ

風船おじさん、神隠し事件など、いまだに謎が残る事件や不可解な事件をまとめました。

このまとめを見る