1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

有名デザイナーによる渾身のスプーンまとめ

※スプーン!フォーク!ナイフ!さいばし 食卓にぎやか byサバンナ八木

更新日: 2012年02月22日

50 お気に入り 39154 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

※柳宗理

『予約の取れないレストラン<スプーン>。アラン・デュカスがパリに1号店を開いた当初から、柳宗理のデザインが選ばれていたのをご存じ?ナイフでもない、フォークでもない、優しく、シンプルで、どこの国の料理でも食べることができる必須道具、スプーン。その名をもらったレストランだからこそ、カトラリー選びの条件は厳しかった。』2003年6月10日発行Casa特別号14ページより。

※エットレ・ソットサス

エットレ・ソットサス(エットーレ・ソットサス、Ettore Sottsass、1917年9月14日インスブルック生まれ - 2007年12月31日ミラノで没)はイタリアの建築家、インダストリアルデザイナー。ソットサスは戦後イタリアン・デザインに対する世界的な評価を高めた一人で、その作品・スタンスは、影響力が強く、派手で独創性に優れ、時には称えられ時には批判も受けた。

※ 剣持勇

剣持 勇(けんもち いさむ、1912年1月2日 - 1971年6月3日)は、日本そして世界を代表するインテリアデザイナー。第二次世界大戦後に渡辺力・柳宗理・長大作・水之江忠臣らと共にジャパニーズ・モダンと呼ばれるデザインの礎を創ったと言われる。by - Wikipedia

※ジャスパー・モリソン

ジャスパー・モリソン(Jasper Morrison, 1959年 - )はプロダクトデザイナー。
ロンドン出身。ロンドン王立芸術学院及びベルリン芸術大学にてデザインを学ぶ。
簡潔かつ、変わらぬ価値を持ち続ける普遍的なデザインに特徴がある。現在最も影響力のあるプロダクトデザイナーの一人である。by - Wikipedia

※カイ・ボイスン

「KAY BOJESEN(カイ・ボイスン)」
カイ・ボイスンのカトラリーは、デンマークのデザイナーKAY BOJESEN(カイ・ボイスン 1886-1958)により1938年にデザインされたカトラリーが世界各国のデンマーク大使館で使用され、世界のベストセラーになりました。シンプルで美しいカトラリーは、デンマーク王室御用達としてデンマークの人々はもちろん、世界中の人々から愛され使い続けられています。

※深澤直人

深澤 直人(ふかさわ なおと、1956年 - )はプロダクトデザイナー。山梨県出身。多摩美術大学プロダクトデザイン科卒。人が普段、意識なくしている行動に着目したデザインを得意とし、彼はそれを「without thought」と呼ぶ。また「意識の中心」と表現することもある。2002年度毎日デザイン賞ほか、内外でデザイン賞を受賞している。±0デザイナー。無印良品デザイナー兼アドバイザリーボードメンバー。21_21 DESIGN SIGHT企画運営。武蔵野美術大学教授。経済産業省戦略的デザイン活用研究会委員。グッドデザイン賞審査委員長。by - Wikipedia

※アレッサンドロ・メンディーニ

アレッサンドロ・メンディーニ1931年ミラノに生まれる。

ミラノ工科大学建築科卒業後、1970年までニッソーリ建築事務所に所属し、1970年には「カザベラ誌」編集長を勤め。1977年よりデザイン誌「モード」編集長、1980年から1985年まで「ドムス誌」編集長を歴任する。1978年より前衛デザイナー集団 Studio Alchimia(スタジオ・アルキミア) で、エットレー・ソットサスJrらと共に活動を開始している。彼の代表作は恋人をモデルにつくられたといわれるワインオープナーANNAシリーズ、コルクを抜くときの動きが印象的です。

※イサム・ノグチ

イサム・ノグチ(Isamu Noguchi、日本名:野口 勇、1904年11月17日 - 1988年12月30日)はアメリカ合衆国ロサンゼルス生まれの彫刻家、画家、インテリアデザイナー、造園家・作庭家、舞台芸術家。日系アメリカ人である。

※マーク・ニューソン

マーク・ニューソン (Marc Newson、1963 - )は、プロダクトデザイナー。活動拠点はヨーロッパ、北米、アジア、オーストラリア。
流線型や円形を多用し、多様な色使いをする。ニューヨーク近代美術館やロンドンのデザインミュージアムの永久収蔵品に選ばれた作品がある

※山中俊治

OXO 2006 NEW PRODUCT
山中俊治デザインシリーズ

OXOが日本市場攻略として2年前よりスタートしたプロジェクト。プロダクト・デザイナーの山中俊治氏に依頼し、様々な調査を実施して完成したこのグッドグリップ・シリーズ。日本での台所仕事と箸文化を踏まえ、主婦や料理人のツールの使い方を研究し、この水滴型のグリップは生まれました。ペンのように軽やかに握る時も、手のひらに包み込むように握る時も、手にぴったりとフィットします。

※アルネヤコブセン

アルネ・ヤコブセン(Arne Emil Jacobsen、1902年2月11日 - 1971年3月24日)はデンマークの建築家、デザイナー。ユダヤ人であり、モダン様式の代表的な人物の一人である。by - Wikipedia

※ザハ・ハディッド

ザハ・ハディッド(ザハ・ ハディドとも表記、Zaha Hadid。1950年10月31日-は、イラク・バグダッド出身、イギリス在住の女性建築家。世界的に活動する建築家で、現代建築における脱構築主義の旗手の一人でもある。

※フィリップ・スタルク

フィリップ・スタルク(Philippe Starck, 1949年1月18日 - )は、建築・インテリア・家具・食器・出版物・インダストリアルデザイン等さまざまな分野のデザインを手がける総合的なデザイナー。

※ヤコブ・イェンセン

ヤコブ・イェンセン(Jacob Jensen, 1926年4月29日 - )は、デンマークを代表する世界的なプロダクトデザイナー。
数多くのオーディオ・ラジオ・テレビといったインダストリアルデザインをはじめ、建築・自動車・家具・食器・アクセサリー・腕時計・携帯電話・キッチン用品・眼鏡・煙感知器等、多様な分野のデザインを手がけることで知られる。(その総数は500点を超える)

※レンゾ・ピアノ

Renzo Piano(レンゾ・ピアノ)

1937年イタリア(ジェノヴァ)生まれ。インテリアから公共建築まで幅広く手掛けています。
彼の代表作はフランス(パリ)のポンピドゥーセンターや関西国際空港などがあり、20世紀で最も重要な建築家の一人と言われています。IBM移動展パヴィリオン、米国ヒューストンのメニル・コレクション美術館などの設計者として知られていますが、このほかにも自然との調和や文化を中心テーマに取り入れた地域再生プロジェクトでの設計でも高い評価を得ています。

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1