出典 matome.naver.jp

東 浩紀(あずま ひろき)@hazuma

1971年生まれ。東京都三鷹市出身。東京大学教養学部卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。大学での専攻は現代思想、表象文化論、情報社会論。1993年にロシアの作家ソルジェニーツィンのラーゲリ収容経験をもとにした一連の作品を論じた「ソルジェニーツィン試論-確率の手触り」『批評空間』で評論家としてデビュー。評論活動をスタートさせる。本人は「現代思想好きのオタク」を自認する。また、2009年には、初めての単著小説『クォンタム・ファミリーズ』を発表した。東北地方太平洋沖地震にショックを受け、大きな思想の転換をしている。