1. まとめトップ

ニーチェ名言・格言

ニーチェの名言・格言

更新日: 2012年02月20日

277 お気に入り 222480 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

同情するものは自分は強者であると信じている。だから助けることができるとあらば、すぐにでも介入したくなる。

脱皮できない蛇は滅びる。意見を脱皮していくことを妨げられた精神も同じことである。

職業は生活の背景である。

人々は、なんらかの不潔なことを考えることを恥としないが、この不潔な考えが彼らのものだといわれていると感じて恥じる。

男子病の一つ。-自己侮辱という男子の病気には、賢い女に愛されるのが、もっとも確実な療法である。

生きるとはなんのことか – 生きるとは – 死にかけているようなものを、たえず自分から突き放していくことである。

自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。

脱皮できない蛇は滅びる。その意見をとりかえていくことを妨げられた精神も同様だ。

善にも強ければ、悪にも強いというのが、いちばん強力な性格である。

復讐と恋愛においては、女は男よりも野蛮である。

笑いとは、地球上で一番苦しんでいる動物が発明したものである。

一切の書かれたもののうち、 私はただその人がその血をもって書いたものだけを愛する。

才能が一つ多い方が、才能が一つ少ないよりも危険である

真理は醜いもの

怪物と戦う者は、その際自分が怪物にならぬように気をつけるがいい。 長い間、深淵をのぞきこんでいると、深淵もまた、君をのぞきこむ。

自己侮蔑という男子の病気には、 賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。

男が本当に好きなものは二つ。危険と遊びである。 そしてまた、男は女を愛するが、それは遊びのなかで最も危険なものであるからだ。

結婚は、多くの短い愚行を終わらせる。一つの長い愚鈍として。

苦しみをともにするのではなく、
喜びをともにすることが友人をつくる。

人生を、
危険にさらせ!

あなたにとってもっとも人間的なこと。
それは、誰にも恥ずかしい思いをさせないことである。

あらゆる人間は、いかなる時代におけるのと同じく、
現在でも奴隷と自由人に分かれる。
自分の一日の三分の二を自己のために持っていない者は奴隷である。

事実というものは存在しない。
存在するのは解釈だけである。

夫婦とは、
長い会話である。

自分を破壊する一歩手前の負荷が、
自分を強くしてくれる。

高く登ろうと思うなら、
自分の脚を使うことだ。
高いところへは、他人によって運ばれてはならない。
ひとの背中や頭に乗ってはならない。

善も強ければ、悪にも強いというのが、
いちばん強力な性格である。

悪とは何か。
弱さから生ずるすべてのものである。

人間のみがこの世で苦しんでいるので、
笑いを発明せざる得なかった。

みずから敵の間へ躍り込んでいくのは、
臆病の証拠であるかもしれない。

1 2





このまとめへのコメント1

  • mitonishiさん|2012.04.19

    いいですね!

1