なぜ携帯番号を変更してのLINEは危険なのか、
それはLINEの「電話帳の自動収集」と「携帯電話番号の割り当て」が問題なのです。

LINEを使用するには電話番号認証が必要です。
利用後は、友だち追加から【招待】【QRコード】【ふるふる】【ID検索】がありますが、
こちらは、ユーザーの意思で友だち追加が出来るので問題ないと思いますが、
それとは別に「電話帳の自動収集」を使って自動的に電話帳からLINEをインストールしているユーザーを【友だち追加】に表示させます。
これだけなら個別に追加する事なく便利かと思いますが、問題は全然知らない人も表示される可能性があるのです。

これには「携帯電話番号の割り当て」が問題となります。
現在、携帯番号不足で解約した携帯番号を約半年から1年で新規契約者に割り当てます。
このサイクルの速さが元で、以前使っていたユーザーの知り合い、友達、法人などから電話がかかってくるなどは、よく聞く話で消費者金融などから、とり立ての電話が子供に持たした携帯にかかってくるなど危ない事も。
LINEも同じで、インストールした直後、電話帳自動収集で友だち追加に知らない名前のユーザーが表示され相手にも、あなたが表示されます。
しかも電話帳に登録している名前で表示されるので、相手はあなたの事を登録している友達だと思い込んでます。
そのためにグループチャットに誘ったり個人的なメッセージを送ってくる事もあります。
また、逆にあなたが勘違いをして送ってしまう事もあるのです。
結果、場合によっては「個人情報の漏洩」や「なりすまし」により犯罪に巻き込まれる可能性もあります。
機能としてブロック機能もあるので有効に使ってください。
自動で表示された友だちに何らかのアクションをする時は、電話などをして確認してから送ったほうが無難なようですね。

その他に、知り合いだとしても相手の電話帳に登録されていると、友だちや、知り合い、会社関係などで「教えたく無い相手」にも知られてしまうので注意が必要です。
この場合ブロック機能を使うとブロックしたのがバレバレですので気まずいですね・・・

ちなみに私自身、LINEで知らない方から知らないあだ名で呼ばれてメッセージがよくきますw

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

初めてのLINE使い方と危険まとめ LINE

要注意! LINE !LINEダウンロード LINE携帯 LINEアンドロイド LINE iohine 「LINE」にPC版とタブレット用ブラウザ版が登場

このまとめを見る