必要があれば、予算に応じてお湯を入れるものを購入します。
・108円 → 100円ショップで「たらい」を1つ ※「洗面器」や「バケツ」の場合2つ(216円)
・1000円程度 → 足湯専用バケツ
・5000円以上 → 保温機能やマッサージ機能が付いている足湯専用器具

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

自宅で足湯(フットバス)をして疲れを癒そう

100円ショップで「たらい」と「敷物」を買って、手軽に始められます。ちょっと贅沢する気になったら、お湯に入れるもの(入浴剤やアロマオイルなど)をいろいろと楽しんでみてはいかがでしょう。高価なフットバス器を揃えなくても、十分満足できます。

このまとめを見る