1. まとめトップ

谷仕切り網(富山県射水市)

全国で唯一、「谷仕切り網猟(たにしきりあみりょう)」と呼ばれる、江戸時代から今日まで伝承している猟法がある。谷と谷の間にわからないように網を仕掛け鴨を捕るという伝統的な猟法であり、毎年11月15日から2月15日まで行われる。

この手法は峰と峰の間に谷仕切り網(谷仕切網の長さ40m巾10m)を空中高く張って鴨郡の飛来を待つ。あたりは静寂の中、池は鴨の声がひときわ騒がしくなるや、やがて里田にえさを取りに50羽、70羽と一団となり網の張ってある谷に向かって飛び立ち、頭を網につっこみてあわてる様を見て網のひもをゆるめて網を下し、鴨を捕らえるや首をねじり素早く上げて次の飛来を待つ、其の間は息付く間もない様である。
http://www9.plala.or.jp/imizusanroku/info009.html

坂網猟(石川県加賀市の片野鴨池)

投げ網によるカモ猟の一種で、石川県無形文化財にも指定されている。一度に捕り尽くさず、必要な分だけ捕獲するこの猟法は、自然資源の持続的な利用に資するものといえる。この猟のために、明治以降、鉄砲を撃たないようにしてきた。この猟は、夕方、カモが一斉にエサ場の水田に行く際、鴨池の丘を越える時に網を投げるものである。2013年12月現在、坂網漁師は26人。ひと冬で獲れる鴨は300羽弱。

坂網猟・越網(宮崎市佐土原町の巨田池)

宮内庁鴨場

1





sugimohayakazeさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう