1. まとめトップ

【眺望良好】窓からの眺めが良い賃貸物件を探す方法

部屋探しの基本は不動産屋に条件を伝えて探してもらうことだと思いますが、「眺めが良い」という条件はなかなか理解されにくいものだと思いました。そこで、出来る限り自力で眺めの良い物件を探す方法をまとめてみました。

更新日: 2017年05月22日

21 お気に入り 43006 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

n_shimaさん

はじめに:眺めの良い部屋の条件とは

次の二つの条件のうち、少なくともどちらか片方を満たしている必要があります。

1)ある程度高い階の部屋である
2)高台に立地している

どの程度高い階であれば良いかは周囲の建物によるので一概には言えませんが、平地の場合は最低でも4階以上と考える必要がありそうです。一方、高台で周りに遮蔽物がない場合は3階以下でも見晴らしが良い可能性があると言えます。

その1:専門サイトで探す

眺めの良い物件を専門的に扱っているサイトが存在します。情報の数はそれほど多く無いかもしれませんが、どんな部屋に住みたいか自分の希望を明確にするためにも是非見てみましょう。

その2:大手不動産ポータルサイト+検索キーワード「眺望良好」

HOME'Sなどの不動産ポータルサイトで検索キーワードに「眺望良好」と入力する方法です。さらに家賃や地域などの条件を追加して絞り込むことで、効率よく探すことができます。

メリット:
膨大な物件の中から探すことができるので、希望に近い物件が見つかる可能性が高い

デメリット:
情報が古い可能性がある

その3:Google検索「賃貸+眺望良好+地域名など」

Googleで直接探してしまう方法です。不動産会社が作成した眺望の良い物件の特集ページなど、意外な情報が見つかるかも知れません。

メリット:
不動産ポータルサイトに載っていない情報にアクセスできる

デメリット:
家賃や間取りなど条件を絞り込みにくいことがある

その4:自分の足で探しに行く

眺めの良い物件は「階数が高い」、「高台にある」、「周りに高い建物がない」など実際に見れば分かるという特徴があります。そこで、住みたい地域を歩きまわって探すというという方法があります。空室がある場合は管理会社の連絡先が貼り出されていますので、問い合せてみましょう。また、事前にGoogleマップなどで目星をつけておくと効率的です。

メリット:
自分の目で確認するので、より希望に近い物件が見つかる可能性が高い

デメリット:
広範囲を歩きまわって探すのは時間がかかる
問い合わせないと家賃など詳しい条件が分からない

その他参考リンク

1