1. まとめトップ

有名人と宗教【猪木多め】

日本では宗教活動をしていることを隠そうとする風潮があります。人気商売の有名人はその最たるものです。根拠となるものをできる限り提示してまとめてみました。

更新日: 2012年03月05日

30 お気に入り 323614 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

meltyさん

希心会

西田無学が提唱した在家による法華経の先祖供養を行う霊友会及び思親会の教義を引き継いでいる。教団運営は質素を旨とする。

旧芸名は悠木千帆であったが、その名前をオークションに出品、希林の名は希心会の一字を受けたことで知られる。

カトリック

洗礼名はフランシスコ。クールビズスタイルになってからノーネクタイのシャツの襟の下に見える金色の鎖は、10代から50年以上首にかけている十字架のネックレスの鎖部分である(誤解されがちだが、カトリックにおいて十字架を身につける事は風習や信仰の証ではなく、個人的な好みである。)

アントニオの洗礼名を持つクリスチャンであることを公言している。

プロテスタント

母方の曽祖父金森通倫から4代目のクリスチャン(キリスト教徒)であり、日本基督教団鳥取教会に所属している。幼稚園も教会附属で、18歳のときに日本基督教団鳥取教会で洗礼を受けた。石破は、「46年間、キリスト教に触れつつ信仰をもちながら生きてきた」と述べている。

霊友会

霊友会の目的は在家による法華経の菩薩行の実践とその普及にある。その基本は自分自身のあり方を理解する事にある。言い換えれば、仏教の縁起観によって自分自身を捉え直すということである。

霊友会信者であり、政界進出にあたり支持をとりつけて大量の組織票を獲得した。霊友会の機関誌「あした21」に寄稿するほか、イベントにも参加している。

サイエントロジー

「個人の精神性と能力と倫理観を高めることによって、より良い文明を実現しよう」と主張する宗教団体である。サイエントロジストには、オーディティングと呼ばれるカウンセリング、及び、サイエントロジストの理論と技術について学ぶことによって高い能力と精神的な自由を獲得すること、ひいてはサイエントロジーの普及によって文明全体の精神性を高めることが期待されると主張している。

トム・クルーズはサイエントロジー教会の熱心な支持者である。 1番目の妻、ミミ・ロジャースを通じて1990年にサイエントロジーに関わるようになった。人々をサイエントロジーへ導くさまざまなプログラムを支援することに加え、サイエントロジーが完全に宗教として認知されるための活動をしてきた。

エホバの証人

聖書を教典とし世界政府の確立及び全世界が神権政治により統治された社会の実現を支持する組織である。カトリック教会とプロテスタント教会は、ニカイア・コンスタンティノポリス信条を受け入れないキリスト教をカルト(異端)とみなし、エホバの証人もこれに当てはまるとされている。

崇教真光

仏教、キリスト教、神道、回教、儒教、道教などの大元を説くとしており、宗門宗派を問わずに入信することができるとされている(例えば、仏教の僧侶やキリスト教の神父でも入信できる)。感謝、素直、心の下座を三大徳目とする。

イスラム教

1 2