苗字研究家であり「名字由来netの主席アドバイザーでもある髙信幸男氏」のお話しによると、日本の名字には難読姓が多く、現在では普通に読めないものも数が多い、とのことです。理由としては、当たり前に呼んでいた名字の読みが、時代とともに廃れ、発音しなくなってしまう例などがあるためです。例えば「東海林」さん。山形県には多い名字であるが、「とうかいりん」と読む場合もあれば「しょうじ」と読む名字もあります。荘園を司っていた職業部の「庄司」さんという名字に対し、東の海を渡ってきた林氏が、あるきっかけで荘園の管理を任され「東海林」と名のったことから、職名の「しょうじ」さんと周囲に呼ばれました。結果「しょうじ」と読む名字になり、現代でもその名残となるなど、日本人の名字は複雑です。
髙信氏は、全国に存在する難読姓の読みをわかりやすく探しだせる辞書をすでに執筆しています。難読姓や珍しい名字に興味のあるかたは、「難読稀姓辞典」をぜひご一読頂きたいと思います。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【話題沸騰】「あなたの苗字の由来は?」日本人の95%以上を網羅する由来検索サイト

「あなたの苗字の由来は?」日本人の95%以上を網羅する由来検索サイト、他苗字にまつわる豆知識を紹介

このまとめを見る