名字は、元々、「名字(なあざな)」と呼ばれ、中国から日本に入ってきた「字(あざな)」の一種であったと思われる。公卿などは早くから邸宅のある地名を称号としていたが、これが公家・武家における名字として発展していった。近世以降、「苗字」と書くようになったが、戦後は当用漢字で「苗」の読みに「ミョウ」が加えられなかったため再び「名字」と書くのが一般になった。
「名字」と「姓」又は「氏」はかつて別ものであった。例えば、清和源氏新田氏流を称した徳川家康の場合は、「徳川次郎三郎源朝臣家康」あるいは「源朝臣徳川次郎三郎家康」となり、「徳川」が名字(苗字)、「次郎三郎」が通称、「源」が氏(「姓」、本姓とも呼ばれる)、「朝臣」が古代の姓(かばね、古代に存在した家の家格)、「家康」が諱(いみな、つまり本名)ないし実名(じつみょう)になる。
明治時代以前の名字 [編集]

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【話題沸騰】「あなたの苗字の由来は?」日本人の95%以上を網羅する由来検索サイト

「あなたの苗字の由来は?」日本人の95%以上を網羅する由来検索サイト、他苗字にまつわる豆知識を紹介

このまとめを見る