1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

BEERさん

京都盆地の西一帯を支配していた秦氏により、西暦701年(大宝元年)創建された京都最古の神社です。秦氏に酒造りの技能者が多く見られたことから、室町時代末期頃から「酒造第一祖神」として崇拝されるようになりました。

酒解神(さけとけのかみ)、酒解子(さけとけのみこ)を主神とした、酒の神をまつる神社で、11月上卯の日に「醸造安全繁栄祈願祭(上卯祭)」、4月中酉日に「献酒報告祭(中酉祭)」が行われ、酒造関係者らが参拝しています。

日本で最古の神社と言われる大神神社(奈良県桜井市)は、酒造りの神社として全国に知られ、酒造家たちのあつい信仰を集めています。大神神社は、酒の二大神・大物主大神(おおものぬしのおおかみ)と、少彦名神(すくなひこなのかみ)を祀って います。また本殿北側にある活日(いくひ)神社には、杜氏の祖と言われる高橋活日(たかはしいくひ)を祀っています。

酒造りにふさわしい水霊がいると言われています。

食物の神様と酒人(さかと)親王が祀られています。酒人親王は、朝廷の支配力が全国に及ぶようになった時期に、水に恵まれていたこの地で、我国で初めて清酒を醸造したと伝えられています。

1