出典 ec2.images-amazon.com

いこかもどろか

暴力団の金を使いこんで脅迫された証券マン翔平(明石屋さんま)は、某企業の隠し金のカバンを奪うが、会社の金を使い込んだOL小夜子(大竹しのぶ)に横取りされ、それが縁でふたりの奇妙な珍道中が始まった!?
当時人気を集めたTVドラマ『男女7人夏物語』の監督(生野慈朗)&脚本(鎌田敏夫)&キャストで贈るラブ・コメディの快作。いわゆるTVからの移行的作品とは一線を画し、コミカルな駆け引きと叙情とが巧みにミックスされ、まさにジェットコースター・ムービー(公開時の宣伝文句)としてドラマが勢いよく転がり落ちていく。

この情報が含まれているまとめはこちら

離婚後20年、大竹しのぶ、さんまとの離婚の真相を語る

女優の大竹しのぶ(54)が明石家さんまと結婚したきっかけや離婚を決意した時のエピソードを、テレビ番組で明かした。そこには“一生女優でありたい”大竹と、“家庭では女優を捨てて欲しい”さんまの妥協できなかった2人の思いがあった。

このまとめを見る